Unity最新バージョン「Unity 2019.1」をリリース 300近い機能追加・改良が実装

マルチプラットフォーム向け統合開発環境「Unity」を提供するユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社は、Unityの最新バージョン「Unity 2019.1」を日本時間2019年4月16日夜にリリースしたことを発表した。これと併せて、Unity 2018系の長期サポート版である「Unity 2018.4 LTS」も数週間内にリリース予定であることも発表。

Unity 2019.1の主な新機能

メジャーバージョンアップとなるUnity 2019.1では、300近い機能追加・改良が実装された。特にグラフィックスでは、ライトウェイトレンダーパイプライン(LWRP)とシェーダーグラフ(Shader Graph)がプレビュー版から外れ、プロダクション用途にも推奨できるようになった。LWRPはモバイルプラットフォームにもハイエンドのコンソールやPCにも対応し、デバイスごとにパフォーマンスに応じたスケーラブルなグラフィックスを実現。

また、バーストコンパイラ(Burst Compiler)がプレビュー版として実装。これは、すでにUnityでプレビューリリースされているエンティティコンポーネントシステム(ECS)とC#ジョブシステム(Job System)と組み合わせることで、高度に最適化されたネイティブコードを生成するコンパイラ。これらのデータ指向型の技術アーキテクチャ(Data-Oriented Technology Stack:DOTS)は、最新のマルチコアプロセッサをフルに活用したハイパフォーマンスを実現している。

Unity 2019.1はこちらよりダウンロード可能。
https://unity3d.com/jp/get-unity/update

会社の年間収益ならびに資金調達(自己資金を含む)の合計が10万米国ドルを超える場合は、要件に応じてUnity PlusもしくはProのライセンス購入が必要になるという。詳しくは下記参照。
https://store.unity.com/ja

長期サポート版(LTS)のリリースについて

昨年よりスタートさせたUnityの長期サポート版(LTS)リリースは、中長期的に開発・運用したいプロジェクト向けに推奨するバージョン。Unity 2018.4 LTSではUnity 2019で実装されるあるいは実装予定の新機能などは追加されず、またAPIの変更点や改良点もない。その代わり、クラッシュやリグレッション修正、広くコミュニティやコンソール機向けのSDK/XDK、あるいは多数のユーザーがゲームのリリースを行えなくなる可能性がある大きな変更によって影響する問題などを、LTSリリースがアナウンスされた時点から2年間サポートするとのこと。

Unity 2018.4 LTSは数週間内にリリース予定。こちらよりダウンロード可能。
https://unity3d.com/jp/unity/qa/lts-releases

なお、Unity 2019.1およびUnity 2018.4 LTSの詳細については、以下のブログ記事にて確認できる。近日中に日本語訳も公開予定。
https://blogs.unity3d.com/jp/2019/04/16/introducing-unity-2019-1/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

You may also like...