Cygames背景美術展が大阪芸術大学で7/14より開催 グラブルやシャドバの背景アートに特化した展覧会

 Cygamesは、7月14日(日)から7月19日(金)にかけて、「Cygames背景美術展」を大阪芸術大学で開催すると。

 本イベントは、 Cygames初の背景アートに特化した美術展。ゲームの世界観を表現する上で重要な役割を担う背景アートが約150点展示される。

 今回の美術展では、『グランブルーファンタジー(※1)』、『Shadowverse(※2)』、『プリンセスコネクト!Re:Dive(※3)』の3タイトルの背景アートを展示。

※1 グランブルーファンタジー:サービス開始から5年が経過する人気RPG作品。空に島々が浮かぶ世界を舞台に、伝説の島を目指して冒険する王道ファンタジー。
※2 Shadowverse : 現在3周年施策を実施中のDCG(デジタルカードゲーム)。進化システムを駆使した駆け引きが特徴。対戦モードのほか、ソロプレイ用コンテンツとして独自のストーリーが展開される。
※3 プリンセスコネクト!Re:Dive :随所に挿入されるアニメーションが特徴のRPG。膨大なテキスト量による豊富なシナリオも売りのひとつ。

 また、期間中の7月16日(火)~7月19日(金)には、背景イラストに特化した、学生向けポートフォリオ相談会も開催。Cygamesの現役イラストレーターと直接対話ができる機会となる。

 

展示作品のご紹介(一部)
▲『グランブルーファンタジー』より
▲『 Shadowverse 』より
▲『プリンセスコネクト!Re:Dive』より

 

▲上記の画像が使用されている実際のゲーム画面(『 Shadowverse 』)。
▲シーン毎に差分も存在 (『 Shadowverse 』) 。
▲背景アートが各タイトルの世界観にマッチしているのがうかがえる。『グラブル』は建物の細部まで緻密に描かれ、 『プリコネ』では一転してアニメチックな印象を受ける。『Shadowverse』の背景はどことなく暗さを感じさせる。

 

「Cygames背景美術展」開催概要

■会期
2019年7月14日(日)~ 2019年7月19日(金)

※7月14日(日)、7月15日(月・祝)は大阪芸術大学のオープンキャンパスが開催。
※Cygames主催のポートフォリオ相談会は7月16日(火)~7月19日(金)のみ開催。
オープンキャンパス期間中は開催されない。

■学生向けポートフォリオ相談会
7月16日(火)~7月19日(金)11時~16時30分まで
(13時20分~14時20分は昼休憩)

■開場時間
11時~17時
※入場は閉場の30分前まで
※7月14日・15日のオープンキャンパス開催時は10時~16時

■会場
大阪芸術大学 芸術情報センター 1階 展示ホール

■入場料
無料

■主催
株式会社Cygames

■企画協力
大阪芸術大学、株式会社CyDesignation

詳細は公式サイト、またはCygames公式Twitterアカウントより随時お知らせされる。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

You may also like...