任天堂 元代表取締役社長 岩田聡氏の言葉をまとめた書籍が7月30日に発売 著者:ほぼ日刊イトイ新聞

 株式会社ほぼ日は、任天堂の元代表取締役社長である故・岩田聡氏の言葉をまとめた書籍、「『岩田さん』岩田聡はこんなことを話していた。」を7月30日に発売することを発表した。

 本書では、糸井重里氏が主宰するWebサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」に掲載された多くのインタビューや対談、 そして任天堂公式ページに掲載された「社長が訊く」シリーズから重要なことばを抜粋し、再構成して1冊にまとめている。

 天才プログラマーとして多くの名作ゲームを生み出し、 任天堂の社長としてニンテンドーDSやWiiなど革新的なゲーム機をプロデュースした岩田氏の、 クリエイティブに対する思いや経営理念、 価値観、 ポリシー、 哲学などが凝縮された一冊だ。また、岩田氏を誰よりも深く知っている、 任天堂の宮本茂氏とほぼ日の糸井重里氏の特別インタビューも収録。

 

 

著者:ほぼ日刊イトイ新聞
発行:株式会社ほぼ日
定価:本体1700円+税
ページ数:224ページ
ISBN:978-4-86501-422-8
イラスト:100%ORANGE
ブックデザイン:名久井直子
発売日:2019年7月30日(火)

※オンラインのほぼ日ストア、 TOBICHI東京、TOBICHI京都にて 7月11日(木)11時より先行発売 。なお、ほぼ日ストア、 TOBICHI東京、 TOBICHI京都でこの本を購入た方には「Iwata-Sanキーホルダー」を1冊につき1個、 プレゼント(なくなり次第終了)

 

<岩田 聡(いわた・さとる)さんプロフィール>
1959年12月6日生まれ。 北海道出身。 東京工業大学工学部情報工学科卒業。 大学卒業と同時にHAL研究所入社。 1993年、 HAL研究所代表取締役就任。 2000年、 任天堂株式会社取締役経営企画室長就任。 2002年、 同社代表取締役社長就任。 開発者としてさまざまな傑作ゲームを世に送り出す一方、 任天堂の社長に就任してからは、 ニンテンドーDS、 Wiiといった革新的なハードをプロデュースし、 自身のテーマである「ゲーム人口の拡大」に務めた。2015年7月11日、胆管腫瘍のため逝去。岩田氏が手掛けてきた代表的なコンテンツ(ほぼ日掲載)

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

You may also like...