セガグループ会社クロシードデジタル、電通から資本受け入れ ゲーミフィケーションを生かした事業開発を強化

 セガゲームスは、グループ会社でゲーミフィケーション(※)事業を展開するクロシードデジタルが、電通からの資本を受け入れたことを発表した。

※ゲーミフィケーション:ゲームのノウハウやメカニクスを、ゲーム以外のサービスやソリューション、事業活動へ導入し活用する手法。すでに海外では、消費者向けのデジタルキャンペ ーン、BtoB領域におけるセールスチームのモチベーションマネジメント、インナーコミュニケーションなどへの応用事例が展開されている。

 クロシードデジタルは、セガゲームスにおけるこれまでのゲームタイトル開発で培ったゲームやエンタテインメントコンテンツの制作ノウハウを強みに、企画からコンサルティング、開発、運用まで一貫した「ゲーミフィケーションソリューション」を顧客企業に対し提供している。

 両社は、今回の電通からの資本受け入れを契機に、下記の4つの取り組みを検討・進行していくとのことだ。

 

①電通のノウハウを加味した、顧客企業向けのゲーミフィケーションノウハウの更なる深化や、その体系化、知的財産化

②ゲーミフィケーションを生かしたクロシードデジタルの新規事業やソリューション新領域での商品開発

③クロシードデジタルおよびゲーミフィケーションに関する広報活動の強化

④クロシードデジタルのスケーラビリティを見据えた経営組織体制の構築

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

You may also like...