Switch Lite販売台数が初日から3日間で17.8万台に ライトユーザーへの浸透図る

 ゲーム総合情報メディア「ファミ通」は、任天堂が2019年9月20日(金)に発売した「Nintendo Switch Lite(ニンテンドースイッチ ライト)」の国内推定販売台数を発表した。

 Nintendo Switch Liteの発売から3日間(初週)の販売台数は17.8万台となり、Nintendo Switch Lite含むNintendo Switch本体の国内累計販売台数は合計921.2万台となった。

■Nintendo Switch Lite 売上速報
集計期間:2019年9月20日(金)~9月22日(日)/販売日数:3 日間
国内推定販売台数:177,936 台

■参考
・Nintendo Switch(Lite 含む)
国内推定累計販売台数:9,211,681 台
(集計期間:2017年3月3日~2019年9月22日)
・Nintendo Switch/Nintendo Switch Lite 週間販売台数推移
(集計期間:2019年7月29日~2019年9月22日)

出典:ファミ通調べ <クリックで拡大>

 Nintendo Switch Liteは、コントローラーを本体と一体化させることで、小さく、軽く、持ち運びやすくなった。モバイル用途専用なのでテレビに出力して遊ぶことはできないが、携帯モードが実装されているすべてのNintendo Switchソフトがプレイ可能だ(※)。価格は19,980円(税別)、本体カラーはイエロー、グレー、ターコイズの3色。

※「携帯モード」に対応したソフトでも、Joy-Conの機能(HD振動、モーションIRカメラ、Joy-Con内蔵のモーションセンサー)を利用するソフトは、Joy-Conを持ってない場合、遊び方に制限のある場合あり。ゲームソフトがどのプレイモードに対応しているかは、ソフトのパッケージや、マイニンテンドーストアの商品ページなどで確認できる。

 

据え置き・携帯ゲーム機の統合

 Nintendo Switch Liteの購入者は、その仕様から外に持ち出して利用する機会が多い人、すでに所持するSwitchと合わせてマルチプレイでのゲーム体験を他のプレイヤーと楽しみたい人などが該当する。したがって、はじめてSwitchを購入する場合は、遊ぶ人数や場所、価格に合わせて、選択の幅が広がった。

比較ページより <クリックで拡大>

 今後のソフトラインナップの動向を鑑みるに、Switch Liteに人気が集まるとみられる。『ポケットモンスター ソード・シールド』(ポケモン/2019年11月15日発売予定)、『あつまれ どうぶつの森』(任天堂/2020年3月20日発売予定)など、いずれも携帯ゲーム機で大ヒットを記録したシリーズの新作が控えており、Switch Liteの販売台数の増加が見込まれる。

 一般的にSwitchは据え置きゲーム機として捉えられているが、スマートフォン向けゲームに慣れているユーザーが増加すれば、Switchはむしろ、ハイスペックなモバイルゲーム機として普及していく可能性もある。今後の動向は任天堂のブランディング戦略次第だ。

 1989年のゲームボーイ発売以来続いてきた、据え置きゲーム機と携帯ゲーム機の二面戦略がここに来て統合された。今後はゲーム専用機とスマートフォン向けゲームとのシナジーをどのように生み出していくのか。2020年のポジティブな展開に期待したい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

You may also like...