バイオハザード新作 ティザー映像公開 4vs1の非対称型対戦ゲームか

 カプコンは、日本時間の9月10日(火)00:00、「バイオハザード」シリーズの公式YouTubeチャンネルにおいて、最新作「PROJECT RESISTANCE」のティザー映像を公開した。タイトル名、詳細などは明らかにされておらず、続報は「東京ゲームショウ2019」会期中の9月12日(木)10:00に発表されるという。

 映像では、4人の若者たちが銃火器を手に、ゾンビやクリーチャーのリッカーと対峙する緊迫したシーンが描かれている。映像の最後には、シリーズでお馴染みの強敵、タイラントが現れて――。

 複数の人物でクリーチャーたちに挑む姿を見ると、シリーズ初のオンラインゲーム『バイオハザード アウトブレイク』が思い出されるだろう。しかし、今回のプロジェクトは「“新たな挑戦”として開発進行中」と銘打っているだけに、これまでとは異なるジャンルなのではないかと予想される。

 ここからはあくまで記者の推測だが、映像のタイラントは一人称視点で機器を操作したり、グローブをはめたりするシーンが描かれており、プレイヤーがタイラント自身を操作できるのではないかとも捉えることができる。

 強敵、4人の生存者たちが対峙する構図といえば、『Dead by Daylight』や『IdentityV (第五人格)』に代表される“非対称型対戦サバイバルホラーゲーム”が挙げられる。前述したタイトルは、昨今、新しいマルチプレイを開拓したことに加え、動画コンテンツ向きのジャンルとして一躍人気タイトルとなっているが、果たして。

▲『Dead by Daylight』ゲームシーン

 今回の事前発表では、「PROJECT RESISTANCE」のREが赤字で強調されていたことから、『バイオハザードRE3』の発表が期待されていたが、どうやら全く新しい「バイオハザード」を知ることになりそうだ。

  続報は「東京ゲームショウ2019」会期中の9月12日(木)10:00に発表される。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

You may also like...