Switch DLランキングTOP20:ドラクエは最新作とロト3部作がランクイン[2019.9.28-10.4]

 Nintendo Switchゲームソフトの「ダウンロードランキングTOP20」(2019年10月4日時点の順位)を掲載。動画ではTOP10までの映像を紹介している。

 

Switch DLランキングTOP20(2019年10月4日時点)

1位 ゼルダの伝説 夢をみる島
任天堂 6,578円 2019/09/20

2位 ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて S
スクウェア・エニックス 8,778円 2019/09/27

3位 Untitled Goose Game 〜いたずらガチョウがやって来た!〜
Panic 1,980円 2019/09/20

4位 ライザのアトリエ ~常闇の女王と秘密の隠れ家~
コーエーテクモゲームス 8,580円 2019/09/26

5位 ヒューマン フォール フラット
テヨンジャパン 1,530円 2017/12/28

6位 Dead by Daylight
Behaviour Interactive 4,600円 2019/09/26

7位 ドラゴンクエストⅢ そして伝説へ…
スクウェア・エニックス 1,650円 2019/09/27

8位 ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランドRETRO
スクウェア・エニックス 1,650円 2019/09/17

9位 ドラゴンクエスト
スクウェア・エニックス 660円 2019/09/27

10位 大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL
任天堂 7,920円 2018/12/07

11位 moon
オニオンゲームス 1,980円 2019/10/10

12位 ファイアーエムブレム 風花雪月
任天堂 7,678円 2019/07/26

13位 Minecraft
Mojang/日本マイクロソフト 3,960円 2018/06/21

14位 ドラゴンクエストⅡ 悪霊の神々
スクウェア・エニックス 935円 2019/09/27

15位 ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド
任天堂 7,678円 2017/03/03

16位 みんなで空気読み。2 ~令和~
Gモード 510円 → 459円(10%OFF) 2019/09/26

17位 UNDERTALE
ハチノヨン 1,620円 2018/09/15

18位 Overcooked 2
Team17 2,750円 → 1,925円(30%OFF) 2018/08/07

19位 マリオカート8 デラックス
任天堂 6,458円 2017/04/28

20位 デモンエクスマキナ
マーベラス 8,580円 2019/09/13

※ランキングには、事前販売(ダウンロード)も含んでいる
※セールはランキング調査時点の価格としている

 

PickUPs!:『ドラクエ』ロト3部作がSwitchに登場

 2019年10月4日(金)調べのランキングでは、3週連続でリメイク作品『ゼルダの伝説 夢をみる島』(任天堂 / 6,458円) が1位となった。

 新作は、9月27日(金)に発売された『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S(以下、ドラクエ11S)』(スクウェア・エニックス / 8,618円) が2位、インディーゲーム『Untitled Goose Game 〜いたずらガチョウがやって来た!〜』(Panic / 1,980円)が3位と、それぞれ順位を上げた。

 さらに、『ドラクエ11S』と共に「ロト3部作」(『ドラゴンクエスト』『ドラゴンクエストII 悪霊の神々』『ドラゴンクエストIII そして伝説へ…』)がSwitch版で発売され、いずれもTOP20にランクインした。

 なお、今回のロト3部作はスマートフォン版をSwitch向けに移植したもの。最新作『ドラクエ11S』ではロト3部作と関連のあるエピソードが随所に散りばめられており、クリア後にロト3部作に興味を持ったユーザーが多かったようだ。

 

パッケージ&ハード 販売動向(KADOKAWA調べ)

 パッケージランキングでは、『ドラクエ11S』が31.1万本販売し1位を獲得した。 2年前に発売されたPS4版&ニンテンドー3DS版の累計300万本超え(PS4版:140万本/3DS版:183万本)と比較すると見劣りするが、前週でも言及している通り、年末商戦におけるSwitch(及びLite)の大規模プロモーションにおいて、国民的RPGとセットで購入することは想像に難くない。ロングセラーが見込まれる。

 9月23日(月)週のハード販売数は、Switchが11.2万台、Switch Liteが9.4万台、PS4が2.6万台だった。通常のSwitchがLite以上に数字を伸ばしているのは、さきに挙げた『ドラクエ11S』の同梱版が販売数をけん引していることが考えられる。

 詳細なパッケージ&ハード販売動向は、下記の出典元から参照。

出典:KADOKAWA調べ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

You may also like...