GameWith 2020年5月期 第1四半期:ゲーム紹介・動画配信売上高が10%以上伸長 PV数下落は回復傾向に

【Topics】
■ 主力のゲーム攻略売上高は減少したが、PV数下落は一服し回復傾向に
■ 前年同期比でゲーム紹介・動画配信売上高が10%以上伸長
■ eスポーツ事業の所属選手は様々なシーンで成績を残す

 

決算概要

 GameWithは9月28日に2020年5月期 第1四半期(2019年6月1日~8月31日)の決算を発表した。

 第1四半期の連結業績は、売上高7億4,800万円(前年同期比1.7%減)、営業利益1億3,300万円(前年同期比45.4%減)、経常利益1億3,200万円(前年同期比45.4%減)、純利益8,500万円(前年同期比49.8%減)と減収減益だった。

(出典)2020年5月期 第1四半期 決算補足資料 p5<クリックで拡大>

 なかでも利益が前年同期比で大幅に減少している。これは前期(2019年5月期)において、積極的な人材採用を推進した結果、主に人件費に関連する費用が増加したことが原因だ。実際に人材関連費用は、前期 第1四半期が3億4,900万円に対して、今期 第1四半期では4億500万円と、約5,000万円増加していることが分かる。

(出典)2020年5月期 第1四半期 決算補足資料 p6<クリックで拡大>

 

事業状況

 同社は、ゲーム情報メディア「GameWith」において、①ゲームを有利に進めるための情報を提供する「ゲーム攻略」、②ゲームを見つけるための情報を提供する「ゲームレビュー」、③ゲームユーザー同士で交流できる機能を提供する「コミュニティ」、④ゲームタレントがYouTube上で行う「動画配信」、という主な4つのコンテンツの提供と充実を図ることに経営資源を投下することで、「GameWith」のメディアの価値を高めている。

 同社の事業は、上記コンテンツをサイトの利用者に提供し、そこに表示される広告枠を販売することにより収益を得ている。下記は、第1四半期における各事業の売上高だ。

【各事業の売上高】
■ゲーム攻略:4億9,600万円(前年同期比8.6%減)
■ゲーム紹介:1億6,400万円(前年同期比12.8%増)
■動画配信:7,200万円(前年同期比18.0%増)

(出典)2020年5月期 第1四半期 決算補足資料 p10<クリックで拡大>
(出典)2020年5月期 第1四半期 決算補足資料 p11<クリックで拡大>

 第1四半期では、広告媒体のWebサイトを多数集めて形成される「ネットワーク広告」において、下落傾向が続いていたページビュー数が緩やかに回復しつつあるほか、引き続き広告単価が高い水準で推移している。

(出典)2020年5月期 第1四半期 決算補足資料 p12<クリックで拡大>

 また、特定のゲームタイトルにおいてより多くの情報や動画など付加価値の高い広告枠を制作し同社サイトで提供する「タイアップ広告」においても、主にゲーム会社各社からの需要が高く、堅調に推移したようだ。

 

見通し

 2020年5月通期の業績予測は、売上高32億1,700万円(前年同期比2.2%増)、営業利益6億1,600万円(前年同期比23.7%減)、経常利益6億1,600万円(前年同期比23.7%減)、当期純利益4億2,000万円(前年同期比38.7%減)を見込んでいる。

(出典)2020年5月期 第1四半期 決算補足資料 p4<クリックで拡大>

 同社では、中期事業戦略として主に「既存事業での収益拡大」「海外展開の加速」「新規事業領域への挑戦」の3つを掲げている。

 既存事業では、従来のWeb上でのゲーム紹介に加え、今期以降はアプリ戦略に注力しゲームを探す際の第一想起の獲得を目指すとしている。なお、今期に広告宣伝費を一部投下し、効果を検証予定とのことだ。

 海外展開では、2018年7月にリリースした英語版「GameWith」が、リリースから1年で月間1,400万PVまでに成長。今後は海外企業への投資・提携を積極的に推進していくという。

 eスポーツ事業では、昨年に引き続き『クラッシュ・ロワイヤル』のeスポーツチームを運営。同チームは、7月に中国・西安で開催された国際的なeスポーツ競技大会「World Cyber Games」で、アジア代表チームの一員として準優勝を果たした。

 『FORTNITE』部門では、同社所属のNephrite(ネフライト)選手の実況動画が好調に推移し視聴者数が増加傾向へ。コンシューマー格闘ゲーム部門では、同社所属のZackray(ザクレイ)選手が世界的な格闘ゲーム大会「EVO」へ出場し、ベスト8入りを記録。それぞれGameWithの認知度向上に貢献している。

 ブロックチェーン事業では、既報の通り、株式会社Kyuzanとの共同開発でブロックチェーンゲーム『EGGRYPTO(エグリプト)』を開発中。2019年内リリースを予定している。

(出典)2020年5月期 第1四半期 決算補足資料 p25<クリックで拡大>

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

You may also like...