“ゲームに特化”したコンサルティングユニット「キベゲームス」始動 人気放送作家が代表

​ ゲーム関連のコンサルティングユニット「キベゲームス(KibeGames)」が新たに始動。新作ゲームのプロモーションからタレントのゲーム実況動画の製作、eスポーツイベントの企画や運営など、ゲームに特化した取り組みを行う。

 代表を務めるのは、『ゲームセンターCX』(CSフジテレビ)、『勇者ああああ』(テレビ東京)といった多くの人気ゲーム番組を担当している岐部昌幸さん。様々なゲーム番組やゲームの映像コンテンツを手掛けるなかで培ったノウハウを活かし、独自のアプローチを仕掛けていくとのことだ。

 

<以下、プレスリリースより引用>

​放送作家の岐部昌幸は、ゲーム関連のコンサルティングユニット「キベゲームス(KibeGames)」を新たに立ち上げました。

 キベゲームスは『ゲームセンターCX』(CSフジテレビ)『勇者ああああ』(テレビ東京)など多くのゲーム番組を担当する放送作家・岐部昌幸が代表を務め、新作ゲームのプロモーションからタレントのゲーム実況動画の製作、e スポーツイベントの企画や運営まで、ゲーム関連のあらゆることを手掛けます。webサイト:https://kibegames.com/
Twitter (キベゲームス/KibeGames):https://twitter.com/KibeGames_
YouTube(キベゲームスKibeGames):https://www.youtube.com/c/KibeGames

■岐部昌幸コメント
ゲームクリエイターが魂を込めて世に送り出した新作ゲーム。
その魅力が十分に伝わらないまま、埋もれてしまうタイトルも少なくありません。
”おもしろいゲームを、おもしろいゲームと伝えたい”
様々なゲーム番組やゲームの映像コンテンツを手掛けるなかで培ったノウハウを活かし、
新作ゲームのプロモーションをはじめ、eスポーツなどのイベント、ゲーム実況の運営サポートなどあらゆる分野において、他にはないアプローチでその魅力を発信いたします。

■岐部昌幸 プロフィール
吉田正樹事務所所属 群馬県太田市出身
放送作家としてバラエティ番組を中心に活動する一方、「ゲームセンターCX」「勇者ああああ」など多くのゲーム番組を担当。
また、ゲームの新作プロモーション映像やゲームイベントの構成、ゲーム原作のアニメーション脚本やゲームシナリオ制作などゲーム関連の分野において多岐にわたり活躍。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
PickUPs!編集部https://pickups.jp/membership-join/
ゲームビジネスの最新情報をお届けします。 読者会員に登録すると、無料ですべての記事をご覧いただけます。Twitter、Facebookのフォローもお忘れなく!

Related Articles

コミックス第1巻売上ランキング 2021年上半期 第1位は『ウマ娘 シンデレラグレイ』

2021年1月1日~6月30日に第1巻が発売されたコミックスを対象に、その第1巻の発売日~6月30日の売上冊数を集計。

GENDAが純粋持株会社へ移行 

また、それに伴うグループ各社の新経営体制を発表。

CRIWARE子会社のCRI China、アジア最大級のゲームイベントChinaJoyへの出展を発表

イベントでは、7月に提供を開始したサウンドミドルウェア「CRI ADXR2」の機能などゲーム開発向けの最新技術に関する展示が行われる予定。

Stay Connected

Latest Articles