コナミがVR「Oculus」へ参入 第1弾のVRバンド演奏ゲームは3/12発売

 コナミデジタルエンタテインメントは、Facebookが提供するVRゲームシステム「Oculus」への参入を決定した。あわせて、対応タイトルの第1弾としてVRバンド演奏ゲーム『BEAT ARENA』を、3月12日(金)よりQuestプラットフォームにて発売する。

 『BEAT ARENA』は、ギター、ベース、ドラム、キーボードの4種類の楽器を、実際にライブで演奏しているような感覚で楽しむことができる音楽ゲーム。ゲーム内にオリジナルのアバターを作成しフレンドのプレーデータとともに、VR空間でバンドを結成することが可能。

 

<以下、プレスリリースより引用>

『BEAT ARENA』は、ギター、ベース、ドラム、キーボードの4種類の楽器を、まるで実際にライブで演奏しているような感覚で楽しむことができる音楽ゲームです。ゲーム内にオリジナルのアバターを作成しフレンドのプレーデータとともに、VR空間でバンドを結成することが可能です。

当社では、VR(仮想現実)やAR(拡張現実)をはじめとする新技術を取り入れ、お客さまに幅広くお楽しみいただけるゲーム作りに継続的に取り組んでいます。オールインワン型デバイスで手軽にVRゲームをプレーすることが可能となる「Oculus」に参入することで、当社のコンテンツの新たな魅力をお届けする機会にしたいと考えています。

今後もさまざまなデバイスや遊び方で、KONAMIコンテンツをより多くのお客さまに提供していきます。

演奏のクオリティによって、VR空間内の 観客の反応や会場の雰囲気が変わります。
フレンドとのセッションは、プレーデータがあれば いつでも可能。さまざまな視点からリプレイできます。

Related Articles

Stay Connected

Latest Articles