『Ghost of Tsushima』映画化決定

 ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、PlayStation.BlogにてPS4用ソフト『Ghost of Tsushima』の映画化が決定し、制作が進行していることを発表した。

 監督を務めるのは映画「ジョン・ウィック」シリーズを手掛けたチャド・スタエルスキ氏。ブログ内にて、原作のクリエイティブディレクターであるネイト・フォックス氏は、「彼の長年の経験に裏打ちされた作品へのビジョンを活かし、これまでにない最高のアクション作品を生み出してくれることでしょう。仁のレーザー級の刀裁きを実写化できる人がいるとすれば、それはチャド・スタエルスキ氏しかいないと思っています。」とコメントしている。

 また、映画化と併せて『Ghost of Tsushima』の累計実売本数が650万本を突破し、そのうち約半数のプレイヤーが本作を最後までクリアしたことも明らかになった。

関連URL(PSブログ):
https://blog.ja.playstation.com/2021/03/26/20210326-got/

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
PickUPs!編集部https://pickups.jp/membership-join/
ゲームビジネスの最新情報をお届けします。 読者会員に登録すると、無料ですべての記事をご覧いただけます。Twitter、Facebookのフォローもお忘れなく!

Related Articles

コミックス第1巻売上ランキング 2021年上半期 第1位は『ウマ娘 シンデレラグレイ』

2021年1月1日~6月30日に第1巻が発売されたコミックスを対象に、その第1巻の発売日~6月30日の売上冊数を集計。

GENDAが純粋持株会社へ移行 

また、それに伴うグループ各社の新経営体制を発表。

CRIWARE子会社のCRI China、アジア最大級のゲームイベントChinaJoyへの出展を発表

イベントでは、7月に提供を開始したサウンドミドルウェア「CRI ADXR2」の機能などゲーム開発向けの最新技術に関する展示が行われる予定。

Stay Connected

Latest Articles