『モンスターハンターライズ』全世界出荷本数が400万本突破

 カプコンは2021年3月29日に、Nintendo Switch用ソフト『モンスターハンターライズ』が全世界で400万本出荷したことを明らかにした。発売後3日の好スタートとなる。

 「モンスターハンター」シリーズは、雄大な自然の中で巨大なモンスターに立ち向かうハンティングアクションゲーム。2004年の第1作発売以来、ネットワークを介して「他のプレイヤーと協力して強大なモンスターに挑む」というプレイジャンルを確立し、シリーズ累計販売本数6,600万本(2020年12月31日現在)を誇る、世界中から注目を集めるコンテンツだ。

  

 『モンスターハンターライズ』はNintendo Switch向けシリーズ完全新作で、今作は当社独自の開発エンジン「RE ENGINE」を活用し、いつでも、どこでも、誰とでも、気軽に楽しめる新たな「モンスターハンター」というコンセプトのもと開発された。

 新モンスターやフィールドの登場はもちろん、険しい崖への壁走りと空中や岩場などの道なき場所への高速移動、そして、モンスターを拘束して操ることまでを可能にした「翔蟲(かけりむし)」を使った豪快な新アクションの数々、さらに、ハンターを背に乗せて走る犬型の新オトモ「オトモガルク」の登場により、全く新しい狩猟体験となる。

 発売前にはオンライン通信とローカル通信で協力プレイが可能な体験版を2度配信し高い評価と注目を集めた結果、400万本の販売に至ったと考えられる。

 今後「モンスターハンター」シリーズでは、『モンスターハンターライズ』との連動要素がある新作RPG『モンスターハンターストーリーズ2 ~破滅の翼~』の投入を2021年7月9日に予定しているほか、2021年3月26日よりシリーズ初のハリウッド映画「モンスターハンター」の日本での公開、アパレルやキャラクターグッズをはじめ多種多様な企業とのコラボレーション企画など、ブランド価値の拡大に向けた様々な施策を展開予定。

   

作品概要

タイトル名:モンスターハンターライズ
ジャンル:ハンティングアクション
対応機種:Nintendo Switch/PC
発売日:
【Nintendo Switch】2021年3月26日
【PC】:2022年初頭

   

©CAPCOM CO., LTD. 2021 ALL RIGHTS RESERVED.
※Nintendo Switchは任天堂の商標です。

Related Articles

Stay Connected

Latest Articles