スクウェア・エニックス「イメージ・スタジオ部」新設

 スクウェア・エニックスは、「ヴィジュアルワークス部」と「イメージ・アーツ部」を統合し、「スクウェア・エニックス イメージ・スタジオ部」を新設した。

 ヴィジュアルワークス部は、これまで同社の多くのタイトルにおいてプリレンダームービーを制作してきた。また、イメージ・アーツ部は、3DCG映画「KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV」などを手掛けたチームメンバーをベースとし、リアルタイムグラフィックを中心にハイエンドな映像表現の研究・開発を行っていた。

 「スクウェア・エニックス イメージ・スタジオ部」は、両部門が持つ技術や特長を融合することでシナジーを生み出し、次世代の映像表現の研究・開発やコンテンツへの実装をよりスピーディーに行うことを目的とし、ユーザーにさらに高品質な体験を提供することを目指す。

 ゼネラルマネージャーに就任したのは、3DCG映画「KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV」のディレクターも務めた野末武志氏。

  

概要

部門名:スクウェア・エニックス イメージ・スタジオ部
設立日:2021年4月1日(木)
ゼネラルマネージャー:野末 武志

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
PickUPs!編集部https://pickups.jp/membership-join/
ゲームビジネスの最新情報をお届けします。 読者会員に登録すると、無料ですべての記事をご覧いただけます。Twitter、Facebookのフォローもお忘れなく!

Related Articles

『PROJECT MAGNUM』グローバルサービス決定

配信スケジュールは後日発表予定。 SFの世界観に基づいた美麗なビジュアル及び魅力的で個性的なキャラクターを特徴としている。

『にゃんこ大戦争』の夏限定イベント「ねこのなつやすみ」開催

期間中は限定ステージや水着キャラたちが登場する限定レアガチャなどさまざまなイベントが開催される。
00:01:55

高難易度ARPG『ENDER LILIES: Quietus of the Knights』PS4/PS5版リリース

発売に合わせてPlayStation Japanチャンネルにて最新トレーラーが公開。

Stay Connected

Latest Articles