香港・屯門エリア初のキッズ向けインドアプレイグラウンド「あそびパークPLUS 屯門市広場店」オープン

NAMCO あそびパークPLUS 屯門市広場店

 バンダイナムコアミューズメントのグループ会社であり、香港でアミューズメント施設運営を行うNAMCO ENTERPRISES ASIAは、香港の大型ショッピングモール「屯門市広場(Tuen Mun Town Plaza)」内に、キッズ向けインドアプレイグラウンド『NAMCO あそびパークPLUS 屯門市広場店』を出店した。同施設内に3月3日(水)に先行してオープンしたゲームエリア『NAMCO 屯門市広場店』と併設している。

 香港での『NAMCO』の出店は11店舗目、『あそぴパーク』の出店は3店舗目となる。

NAMCO 屯門市広場店

   

<以下、プレスリリースより引用>

株式会社バンダイナムコアミューズメント(本社:東京都港区、社長:萩原 仁)のグループ会社であり、香港でアミューズメント施設運営を行う現地法人NAMCO ENTERPRISES ASIA LTD.は、2021年3月25日(木)、香港の大型ショッピングモール「屯門市広場(Tuen Mun Town Plaza)」内に、お子さま向けインドアプレイグラウンド『NAMCO あそびパークPLUS 屯門市広場店』を出店しました。同施設内に3月3日(水)に先行してオープンしたゲームエリア『NAMCO 屯門市広場店』に併設となります。香港での『NAMCO』の出店は11店舗目、『あそぴパーク』の出店は3店舗目です。

『namco屯門市広場店』の入り口には巨大なデジタルインタラクティブゲーム「ふわふわの森」を設置。画面にタッチして泡を破裂させると、「キノコ」を救うことができ、「キノコ」が地面に落ちると美しい花を咲かせます。お子さまでも直感的に遊ぶことができ、ご来店いただいた方はどなたでも無料で遊ぶことができます。そのほかにも香港では定番のカーニバルゲーム「レインボー」や人気のクレーンゲームのほか、景品入りのカプセルボールを落とす「バブルスフィア」、体感アーケードゲームの「ナイスピンポン」など、新しいゲームも豊富にとりそろえました。

『あそびパークPLUS 屯門市広場店』の施設テーマは「グランピング」。これまでの『あそびパークPLUS』にはなかった初めてのテーマです。内装には香港の有名なランドマークや自然の風景をあしらい、さまざまなデジタル技術を駆使し、屋内でグランピング気分が楽しめる施設となっています。また、これまでの『あそびパークPLUS』でも人気の高い「イマジネーションヒルズ」など、5つのエリアを設け、お子さまの創造性と想像力を刺激し、成長を応援する施設となっています。

店舗概要

店舗名称 : NAMCO 屯門市広場店 / NAMCO あそびパークPLUS 屯門市広場店
所在地  : 香港屯門市広場1期2階2190A
店舗面積 : 店舗総面積 約771㎡ (NAMCO:約418㎡ / あそびパークPLUS:約353㎡)
オープン日: NAMCO:2021年3月3日(水) / あそびパークPLUS:2021年3月25日(木)

※ニュースリリースの情報は、発表日現在のものです。発表後予告なしに内容が変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

Related Articles

Stay Connected

Latest Articles