2020年のコロナ禍の影響による国内のコンテンツ市場規模は前年から4.8%減

 ヒューマンメディアは国内市場22分野、海外6か国への影響を推計、今後の市場・産業動向を予測し、「日本と世界のメディア×コンテンツ市場データベース 2021 Vol.14 」を発行した。

 本書によると、2020年のコロナ禍の影響による国内のコンテンツ市場規模は前年から4.8%減というデータが明らかになった。

 

<以下、プレスリリースより引用>

(株)ヒューマンメディア(本社:東京/代表取締役社長:小野打 恵)は、2020年の国内コンテンツ産業22分野の業界団体等の コロナ禍による業績予想等を分析した国内市場への影響の推計、また米・独・仏・印・インドネシア・中国6か国の感染症被害と対策、GDPの前年比予測の分析により各国市場への影響の推計を掲載した「日本と世界のメディア×コンテンツ市場データベース 2021 Vol.14 」を3月31日に発行した。

   

◆2020 年のコロナ禍による日本国内のメディア・コンテンツ各分野への影響

   

2020年のコロナ禍による米・中・仏・独・インド・インドネシアのメディア・コンテンツ市場への影響

円建て推計。2020年は、各国通貨に対して円高傾向となり、自国通貨建てよりも円建てでの縮小率は大きい。

中国の市場規模は円建てでは縮小しているが、自国通貨換算では微増となった。

   

【書籍内容】
仕様:
製本版(A4判・全328P)+CD-R(全ての本文・図表PDFデータ)
価格:
4月中にお申込み頂く場合、定価 89,000円(税別)送料:561円(税込)のところ
発売時特別価格(75,000円(税別)送料:561円(税込)が適用できます。
お申込み:
https://www.humanmedia.co.jp/database/form/index.html
書籍概要:
https://www.humanmedia.co.jp/database/index.html

【構成】
◆第1章 日本と世界のメディア×コンテンツ市場
2010年代総括と2020年代のAFTER/WITHコロナ時代の動向
◆第2章 日本のコンテンツ各分野の市場とビジネスモデルの動向
・日本コンテンツの海外進出と海外売上規模、国内への収入と動向
・海外6か国・地域への日本コンテンツの進出状況の現地調査レポート
・国内のメディア×コンテンツ関連産業の市場動向
◆第3章:世界のメディア×コンテンツ市場
・海外20カ国・地域のメディア×コンテンツ市場の規模・構成
・海外6か国・地域のメディア×コンテンツ市場・産業の現地調査レポート

Related Articles

Stay Connected

Latest Articles