ガンダムの実写映画がNetflixに登場

 Netflixは、「機動戦士ガンダム」実写映画の制作が決定したことを明らかにした。監督を務めるのはジョーダン・ヴォクト=ロバーツ。同氏が手掛けた映画「キングコング: 髑髏島の巨神」は、ジャパンカルチャーのオマージュを随所に詰め込んだ作品として話題になった作品。

 脚本は、コミック界のレジェンドであるブライアン・K・ヴォーンが務める。

 今回の実写映画化は、「パシフィック・リム」を制作したレジェンダリー・ピクチャーズとサンライズが2018年に共同開発を発表していたもの。ストーリーや配信時期については明らかになっていない。

2018年に発表された際の動画

   

 なお、Netflixのサービスが利用できない中国においては、レジェンダリーの配給で劇場公開される予定。

PickUPs!編集部https://pickups.jp/membership-join/
ゲームビジネスの最新情報をお届けします。 読者会員に登録すると、無料ですべての記事をご覧いただけます。Twitter、Facebookのフォローもお忘れなく!

Related Articles

Stay Connected

Latest Articles