「秘封倶楽部」二次創作ノベルゲーム『秘封フラグメント』がSteamに登場

 Phoenixxは、『東方Project』でおなじみの「上海アリス幻樂団」が制作する音楽CDシリーズ「秘封倶楽部」を題材とした、脱出ゲームやパズルに近い感覚の二次創作ノベルゲーム『秘封フラグメント』のPC(Steam)版を2021年内に配信することを発表した。

 併せて、プロモーション映像を初公開。

   

『秘封フラグメント』がSteamに登場

 発表と同時に、Steamのストアページが公開されている。

    

 本作の舞台は、秘封倶楽部の一作目『蓮台野夜行 ~ Ghostly Field Club』より以前。大学の入学式のあと、マエリベリー・ハーンと宇佐見蓮子が出会うところから始まる。2人の会話の中から得られる記憶の欠片「フラグメント」からキーワードを導き出すことにより、物語が分岐し新たな展開を見ることができる。

 旧来のノベルゲームのような選択肢の総当たりがこのゲームでは通用せず、漠然と読むだけでは先に進めないのが『秘封フラグメント』の特徴となっている。

   

作品概要

タイトル 秘封フラグメント
開発元 シカクゲームズ
ジャンル 探索型ノベルゲーム
プレイ人数 1人
対応ハード PC(Steam)
配信日 2021年内
価格 未定

©︎上海アリス幻樂団 © 2021 シカクゲームズ
Published by Phoenixx Inc.©2021 Valve Corporation. Steamは、米国及びまたはその他の国のValve Corporation の商標及びまたは登録商標です。

※画面は開発中のものです。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
PickUPs!編集部https://pickups.jp/membership-join/
ゲームビジネスの最新情報をお届けします。 読者会員に登録すると、無料ですべての記事をご覧いただけます。Twitter、Facebookのフォローもお忘れなく!

Related Articles

コミックス第1巻売上ランキング 2021年上半期 第1位は『ウマ娘 シンデレラグレイ』

2021年1月1日~6月30日に第1巻が発売されたコミックスを対象に、その第1巻の発売日~6月30日の売上冊数を集計。

GENDAが純粋持株会社へ移行 

また、それに伴うグループ各社の新経営体制を発表。

CRIWARE子会社のCRI China、アジア最大級のゲームイベントChinaJoyへの出展を発表

イベントでは、7月に提供を開始したサウンドミドルウェア「CRI ADXR2」の機能などゲーム開発向けの最新技術に関する展示が行われる予定。

Stay Connected

Latest Articles