講談社とオトバンクが共同でポッドキャスト「聴く講談社現代新書」を配信開始

 オトバンクは、講談社と提携して、講談社現代新書の一部を音声で楽しめるポッドキャスト『聴く講談社現代新書』をaudiobook. jpのほか、iTunes Podcast、Spotify 等、各音声プラットフォームでの配信を開始したことを発表した。


 講談社現代新書は、現代思想、経済、金融、哲学、社会学、サブカルチャーなどをテーマとして毎月3~4冊の新刊を発行している新書シリーズ。

  

<以下、プレスリリースより引用>

配信を開始するポッドキャスト『聴く講談社現代新書』では、講談社現代新書シリーズの新刊・名作から毎週1冊ずつ取り上げ、概略紹介と冒頭を朗読で楽しめます。新刊のみならず、既刊の名作も積極的に取り上げ、より幅広い知識・教養を提供いたします。

また、新書の概略と冒頭本文を音声でお届けすることで、“立ち読み感覚” で気軽に教養に触れ、学びたいテーマとの出会いや、新たな発見があるような番組を目指します。

  

配信開始の背景

講談社現代新書は、「教養は万人が身をもって養い創造すべきもの」であるとして、より広く教養に触れられる機会の創出を目指し1964年4月に設立され、長年支持されてきました。(※①)一方で、近年スマートフォンや聴取デバイスの普及により、耳のスキマ時間を活用した学びが広がっており、オーディオブックを「知識習得のため」に活用していると回答した人は89%に到達しています。(※②)

この度、幅広い教養に触れられる講談社現代新書の音声化により、耳のスキマ時間を活用した大人の学び直しを支援します。

※①野間省一『「講談社現代新書」の刊行にあたって』より
※②オトバンク「オーディオブックの利用傾向」調査、実施時期:2020年10月6日~2020年10月11日

  

講談社現代新書編集長 青木肇 からのコメント

「教養」ときくと、ちょっと難しそうと身構えてしまう……そんなアナタに朗報です! 教養新書の中身を、本を読まなくても、ポッドキャストで気軽に聞くことができるようになりました(モチロン無料!!)。現代新書で扱うテーマは学問から時事問題まで、おもしろくてためになる教養が詰まっています。ポッドキャストで気になるタイトルを見つけたら、ぜひ聞いてみてください。もっと知りたくなったら、オーディオブックで、電子書籍で、紙の本で、ぜひ読んでみてください。耳から広がる新しい世界で、アナタをお待ちしております!

  

今後の展開

オトバンクは、今後も「聴く」体験で日常の学びを豊かにするコンテンツを積極的に提供してまいります。

   

番組概要

作品名:『聴く講談社現代新書』
出演 小野原睦(サウンドプロダクション吟)
配信頻度 毎週1回(月曜日更新)
聴取方法:iTunes Podcast、Spotify、popIn WAVE、audiobook.jp「聴き放題プラン」他
配信URL(audiobook.jp):https://audiobook.jp/audiobook/260390

配信URL(iTunes Podcast):https://apple.co/2PC1Afz
直近取り上げる作品:
・フォン・ノイマンの哲学 人間のフリをした悪魔
・サピエンスの未来 伝説の東大講義
・土葬の村
・ハイブリッド戦争 ロシアの新しい国家戦略
・新しい世界 世界の賢人16人が語る未来
・ファクトで読む米中新冷戦とアフター・コロナ

PickUPs!編集部https://pickups.jp/membership-join/
ゲームビジネスの最新情報をお届けします。 読者会員に登録すると、無料ですべての記事をご覧いただけます。Twitter、Facebookのフォローもお忘れなく!

Related Articles

Stay Connected

Latest Articles