中国Perfect Worldの新作モバイルゲームは『ペルソナ5』題材か

 中国Perfect Worldは、新作モバイルゲーム『CODE NAME: X(仮題)』を発表した。

 コードネームと称しているだけに、正式タイトルを含めたその全貌は見えない。ただ、海外ゲームメディア「Gamatsu」が公開されたトレーラーを見ると、日本の大ヒットRPG『ペルソナ5』を題材にしたタイトルであることが予想される。

 公開されたトレーラーでは、東京の渋谷が映し出されている。奇しくも『ペルソナ5』の舞台も東京・渋谷だ。さらに、ビルの屋上に立つフードを被る人物及びそのグラフィック、コンピュータのハッキング、メインビジュアルの仮面の女性、そして最後に映し出される「殿堂級日系RPG手遊」を見るに、『ペルソナ5』をテーマにした可能性が高い。

※画像はトレーラーをキャプチャーしたもの。

 Perfect Worldは、2021年4月13日に同社のゲーム戦略カンファレンス(発表会)を開催し、『CODE NAME: X(仮題)』もここで発表された。同作のほか、「ワンパンマン」や「ミリオンアーサー」シリーズなど、日本の著名IPを題材にした新作ゲームも発表(関連サイト)。

 『CODE NAME: X(仮題)』の詳細は明らかになっていないが、現状は中国のみでリリース予定。

 Perfect Worldは、これまで同名タイトルのMMORPG『パーフェクトワールド』をはじめ、『カウンターストライク』や『Dota2』などを中国で配信する大手ゲームパブリッシャー。現状、さまざまなタイトルが日本に展開しているため、何かしらの動きがあるものだと考える。詳細が分かり次第、後日伝えていく。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
PickUPs!編集部https://pickups.jp/membership-join/
ゲームビジネスの最新情報をお届けします。 読者会員に登録すると、無料ですべての記事をご覧いただけます。Twitter、Facebookのフォローもお忘れなく!

Related Articles

コミックス第1巻売上ランキング 2021年上半期 第1位は『ウマ娘 シンデレラグレイ』

2021年1月1日~6月30日に第1巻が発売されたコミックスを対象に、その第1巻の発売日~6月30日の売上冊数を集計。

GENDAが純粋持株会社へ移行 

また、それに伴うグループ各社の新経営体制を発表。

CRIWARE子会社のCRI China、アジア最大級のゲームイベントChinaJoyへの出展を発表

イベントでは、7月に提供を開始したサウンドミドルウェア「CRI ADXR2」の機能などゲーム開発向けの最新技術に関する展示が行われる予定。

Stay Connected

Latest Articles