PS3及びPS VitaのPS Store終了を「撤回」 サービス継続を模索

 ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は、先日発表した「PS Vita及びPS3のデジタルストア(PlayStation®Store)を今夏に閉鎖」することを、公式ブログ上(関連サイト)で撤回した。ただし、プレイステーション・ポータブル(PSP)の購入機能は、当初の予定である2021年7月2日に削除される。

 そもそもPS3及びPS Vitaのコンテンツ販売を終了することを決定した背景には、旧プラットフォームにおける販売サポートに課題があったことや、現行機にリソースを集中させるためだったという。SIE側は、今回の同プラットフォームの終了を惜しむユーザーの声に考えを改め、継続のための解決策を模索することにしたようだ。

 具体的な解決策に関しては公表されることはないが、企業が一度決定した方針をユーザーの声で覆るのは、異例ともいえる。

 おそらく、ユーザーにとってクラシックゲームをPS3及びPS Vitaで遊ぶことに需要があるのだと考えられる。なかでも携帯ゲーム機のPS Vitaでは、往年のプレイステーションの名作を手軽に遊べる。PS Vita専用の新作はもう発売されなくとも、クラシックゲームを遊ぶ専用機としてはまだまだ現役、そういうゲームファンがいてもおかしくはない。

 なお、PSPの購入機能は7月2日に終了するので、購入を検討する方は今のうちに。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
PickUPs!編集部https://pickups.jp/membership-join/
ゲームビジネスの最新情報をお届けします。 読者会員に登録すると、無料ですべての記事をご覧いただけます。Twitter、Facebookのフォローもお忘れなく!

Related Articles

コミックス第1巻売上ランキング 2021年上半期 第1位は『ウマ娘 シンデレラグレイ』

2021年1月1日~6月30日に第1巻が発売されたコミックスを対象に、その第1巻の発売日~6月30日の売上冊数を集計。

GENDAが純粋持株会社へ移行 

また、それに伴うグループ各社の新経営体制を発表。

CRIWARE子会社のCRI China、アジア最大級のゲームイベントChinaJoyへの出展を発表

イベントでは、7月に提供を開始したサウンドミドルウェア「CRI ADXR2」の機能などゲーム開発向けの最新技術に関する展示が行われる予定。

Stay Connected

Latest Articles