『大逆転裁判1&2』7/29発売予定

 カプコンは、『大逆転裁判1&2』を2021年7月29日に発売することを明らかにした。対応プラットフォームは、NintendoSwitch、プレイステーション4、STEAMの3つ。価格はパッケージ版が5,489円(税込)、ダウンロード版が4,990円(税込)。

 本作は、ニンテンドー3DSで発売された『大逆転裁判 -成歩堂龍ノ介の冒険-』(2015年7月発売)と、『大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覚悟-』(2017年8月発売)の2作品がひとつになったタイトル。

 人気携帯ゲームを据え置き機で遊べるだけではなく、対応ハードに合わせて操作性も最適化したほか、シリーズ最高峰のグラフィックで楽しめる。また、自動で進行できる「ストーリーモード」も搭載し、映画やドラマを見るような感覚で体験可能。そのほか、原作のダウンロードコンテンツや貴重な映像がデフォルトで収録されているという。

▲CapcomChannel動画のスクリーンショットより

 『大逆転裁判』シリーズは、19世紀末・明治時代の日本と倫敦(ロンドン)を舞台に、成歩堂龍一の先祖・成歩堂龍ノ介が活躍する、スピンオフタイトル。アーサー・コナン・ドイルの小説「シャーロック・ホームズシリーズ」の登場人物が物語に関わったり、(ロンドンの法廷では)陪審員制を用いた、有罪か無罪を判別する陪審員との駆け引きも行われる。

 『大逆転裁判』シリーズは、『逆転裁判』の生みの親、巧舟氏がディレクターを務めている。緻密に張り巡らされた伏線とその回収、怒涛の逆転劇など、中だるみしたシリーズを刷新した、いわば原点回帰とも取れる内容に仕上がっており、ファンからも評価が高いシリーズだ。

 1作目と2作目は、物語もつながっており、今回のセットタイトルでは、プレイ時間50時間超え(メーカー公称)というシリーズ最長のボリュームを堪能できる。

 ちなみに、『大逆転裁判1&2』と『逆転裁判123』(発売中)をセットにした『成歩堂レジェンズコレクション』も同時発売される。シリーズ作品2本(5作品)がセットになっているため、シリーズ未体験の方には嬉しい内容だ。

 

Avatar
PickUPs!編集部https://pickups.jp
国内外のゲーム市場を取材し、最新情報を発信。モバイル、コンソール向けゲーム、さらにアニメ、出版、飲食業、アパレル、実況動画など、周辺業界のニュースも網羅。

Related Articles

Stay Connected

Latest Articles