『バイオハザード ヴィレッジ』が全世界300万本を突破

 カプコンは、『バイオハザード ヴィレッジ』の販売本数が全世界で300万本を突破したことを発表した。

 『バイオハザード ヴィレッジ』は、累計850万本を販売した『バイオハザード7 レジデント イービル』の続編。プレイヤーは前作に引き続き「イーサン」となり、不気味な寒村を舞台に新たなサバイバルホラーに挑む。

 

<以下、プレスリリースより引用>

株式会社カプコンは、PlayStation®5、PlayStation®4、Xbox Series X|S、Xbox One、PC向け新タイトル『バイオハザード ヴィレッジ』を、全世界で300万本販売しましたのでお知らせいたします。

「バイオハザード」シリーズは、武器やアイテムを駆使し惨状からの脱出を試みるサバイバルホラーゲームです。1996年の第1作発売以降、シリーズ累計販売本数1億本を超える当社の代表的なコンテンツであり、登場から25年以上経過した今なお、世界中から熱狂的な支持を集めています。

最新作『バイオハザード ヴィレッジ』は、累計850万本(2020年12月31日現在)を販売した『バイオハザード7 レジデント イービル』の続編で、アクション性を高め、より遊び応えのあるプレイボリュームを備えたタイトルです。プレイヤーは主人公のイーサンとなり、不気味な寒村を舞台に新たなサバイバルホラーに挑みます。本作では、当社独自の開発エンジン「RE ENGINE」により実現した、次世代機の機能を最大限に引き出すフォトリアルな映像表現や、最新のサウンド技術を駆使しており、体験版でも話題を呼んだ臨場感あるプレイ体験がユーザーから支持された結果、全世界で300万本を販売しました。

さらに、25周年記念タイトルとして、同シリーズの人気キャラクター同士で闘うオンライン対戦アクションの『バイオハザード RE:バース』が、『バイオハザード ヴィレッジ』を購入した方に、特典として無償提供されます。またフル3DCGアニメーションによる、シリーズ初となるCGドラマ『バイオハザード:インフィニット ダークネス』のNetflixでの全世界独占配信など、多種多様なメディアを横断する施策を展開し、ブランド価値の拡大を図ってまいります。

当社はこれからも、卓越したゲーム開発力を遺憾なく発揮し、オリジナリティ溢れるゲームタイトルを創造し続け、ユーザーの皆様のご期待に応えてまいります。

商品概要】

1. タイトル名バイオハザード ヴィレッジ
2. ジャンルサバイバルホラー
3. 対応機種PlayStation®5、PlayStation®4、Xbox Series X|S、Xbox One、PC
4. 発売日2021年5月7日(時差により日本は2021年5月8日)

※”PlayStation”は株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントの登録商標です。※© 2020 Microsoft. Microsoft、Xbox、Xbox Live、Xbox One および Xbox 関連ロゴは、米国 Microsoft Corporation および/またはその関連会社の商標 です。

PickUPs!編集部https://pickups.jp/membership-join/
ゲームビジネスの最新情報をお届けします。 読者会員に登録すると、無料ですべての記事をご覧いただけます。Twitter、Facebookのフォローもお忘れなく!

Related Articles

Stay Connected

Latest Articles