新しい「西武園ゆうえんち」がグランドオープン

 西武鉄道および西武園ゆうえんちは、株式会社刀と協業し取り組んできた新しい「西武園ゆうえんち」を、5月19日(水)午前9時にグランドオープンした。

 園内は1960年代の街並みが再現され、大怪獣「ゴジラ」をテーマにした世界初のライドアトラクションも常設されている。

【関連記事】
新しい「西武園ゆうえんち」 5/19グランドオープン

 

<以下、プレスリリースより引用>

午前9時、新しい「西武園ゆうえんち」のエントランスで、開門を今か今かと心待ちにしているゲストの皆さまを巻き込んで、巡査、魚屋、八百屋など、おせっかいなほど人情味あふれる商店街の住人たち(エンターテイナー)とフレンズクルー(スタッフ)が、一緒にオープンへのカウントダウンを開始しました。オープンの瞬間には、華やかなパイロ(演出用花火)が空を彩り、ゲストは手にしたグランドオープン記念の旗を振って、新しいのに懐かしい非日常の世界へ入場。記念すべきグランドオープンを一緒にお祝いしました。

ゲストの皆さまがゲートをくぐり、一歩足を踏み入れると、そこは活気・元気・熱気がほとばしる「夕日の丘商店街」。そこには30もの店舗がずらりと立ち並び、360°どこを見渡しても1960年代のあの頃の世界が広がり、ゲストから思わず笑顔がこぼれました。おせっかいで人情味あふれる商店街の住人たちが、ゲストをこの世界に巻き込みながら、まったく予想のつかないハイスキルなライブ・パフォーマンスを繰り広げました。

西武グループは、これまでも安全・安心を第一に事業に取り組んでまいりました。新型コロナウイルス感染症の状況を注視しながら、この状況下においてもお客さまに「ほほえみと元気」を提供するという使命をもって、安全に、そして安心してゲストの皆さまがご来園いただけるよう、徹底した感染対策を講じてまいります。

 

株式会社西武 ホールディングス 代表取締役社長 兼 西武鉄道 株式会社取締役 会長 後藤高志コメント

信頼する森岡さん率いる株式会社刀の皆さまと3年を超える歳月をかけて取り組んでまいりました「西武園ゆうえんち」のリニューアルが無事に完成し、本日、楽しみにされていた多くのお客さまをお迎えできましたことを、大変嬉しく思います。

現代の社会は、技術革新やデジタル化により便利になっていく反面で、人間関係が希薄化していると言われてきました。さらに、長引く新型コロナウイルス感染症の影響により、人々がこれまで以上に、対面でのコミュニケーションの良さを再認識し、心の触れ合いを強く求めるようになりました。ここ「西武園ゆうえんち」での体験を通じて、多くの方に心あたたまる幸福感を感じていただきたい。このような時だからこそ、その価値は増していると考えております。

西武グループは、この「西武園ゆうえんち」のオープンによって、グループの重要拠点である埼玉・所沢を「訪れたい場所」に変え、地域社会の活性化に貢献し、ひいては日本に元気をお届けしたいと思っております。生まれ変わった「西武園ゆうえんち」、そしてこれからの「西武園ゆうえんち」に、皆さまどうぞご期待ください。

  

株式会社 刀代表 取締役 CEO 森岡毅 コメント

我々刀は、後藤高志会長率いる西武グループの皆様と共に、70年の伝統ある『西武園ゆうえんち』を、人々をもっと笑顔にするブランドに変貌させる挑戦に邁進して参りました。刀社は、地域経済に影響が大きい集客事業の継続性を担保することは、消費者に彩りある選択肢を提供し続けるためにも重要だと考えております。大型テーマパークのような規模がなくても、情熱とマーケティングによって事業は甦えることを示し、日本の集客施設の勇気や希望となること。さらに、それぞれの地域に持続可能な事業を創ることで日本を元気にしていく、刀の目指す”地方創生”を推進して参ります。

PickUPs!編集部https://pickups.jp/membership-join/
ゲームビジネスの最新情報をお届けします。 読者会員に登録すると、無料ですべての記事をご覧いただけます。Twitter、Facebookのフォローもお忘れなく!

Related Articles

Stay Connected

Latest Articles