Vungleがモバイルクリエイティブ制作会社「TreSensa Technologies」を買収

 Vungleは、モバイルクリエイティブ制作会社「TreSensa Technologies」を買収したことを発表した。Vungleがこの6か月で行った買収としては3社目となる。

 この買収により、Vungle独自のモバイルパフォーマンス・マーケティングプラットフォームをより拡充させ、テクノロジーにより世界中のあらゆる規模のディベロッパーの成長サイクルを加速させるねらい。

   

<以下、プレスリリースより引用>

大規模なゲームおよびブランドスタジオ向けのクラウドベースのツールを通じて、すぐ利用可能なプレイアブル広告ビルダーのセットおよびカスタマイズに完全対応したゲームプレイ広告エンジンが提供可能になります。

2021年5月20日東京、モバイルパフォーマンス・マーケティングプラットフォームのリーディングカンパニーであるVungle (vungle.com/jp)は、ニューヨークに本社を置くモバイル広告クリエイティブのテクノロジー企業である TreSensa Technologies (www.tresensa.com) の買収を本日発表いたしました。TreSensa は、Zynga、GSN、EA、Etermax、Mag Interactive、Mars Petcare、Kraft Foods Groupなどの大規模なゲームおよびブランドスタジオ向けのクラウドベースのツールを通じて、すぐ利用可能なプレイアブル広告ビルダーのセットおよびカスタマイズに完全対応したゲームプレイ広告エンジンを提供します。

Vungleがこの6か月で行った3社目の買収となり、アプリの成長サイクル全体をカバーすることで今後唯一のモバイルパフォーマンス・マーケティングプラットフォームになるビジョンを加速します。GameRefinery、AlgoLiftとTreSensaを組み合わせることで、Vungleのプラットフォームはゲームのデザイン、開発からマーケティング、測定など広い分野にわたり一連のツールを提供でき、Vungle Creative Labs はプラットフォームベースのクリエイティブ技術を通じて長年の専門知識を公開し、大規模なデータインサイトやレコメンデーションを提案できるようになります。さらに、Vungleのお客様は、業界最先端のクリエイティブをエクスポートし、すべての主要なプラットフォームやチャネルで利用することができるようになります。

「TreSensaが密かに高めてきた業界最高のアプリ内クリエイティブ技術のプラットフォームにSocket Capitalは即座に目を付けていました。そして、Oliver Marsh氏とVincent Obermeier氏のリーダーシップのもと、チームとともにその可能性を最大化するためこの1年尽力してきました。私たち全員、TreSensaのソリューションがVungleの深い専門知識とグローバルな規模を持つチームとタッグを組むことでさらなる進化が見られることに、非常に興奮しています。」とSocket Capital のCEOおよびマネージングパートナーのScott Pitts氏は語っています。

詳細については、vungle.com/jp をご参照または facebook.com/vunglejp でVungleを是非フォローください。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
PickUPs!編集部https://pickups.jp/membership-join/
ゲームビジネスの最新情報をお届けします。 読者会員に登録すると、無料ですべての記事をご覧いただけます。Twitter、Facebookのフォローもお忘れなく!

Related Articles

かわいいモルカーのパズルゲーム『あつまれモルカー!PUI PUI パズル』事前登録開始。2021年冬季リリース予定

登録者数2.1万人の突破でガチャ3回分のルビーがゲーム開始時に全ユーザーへ配布される予定。

グランディング、NetEase Gamesを引受先とする第三者割当増資を実施。2DFantasista・ArAtAとの業務提携も発表

ボードゲーム「街コロ」やVRゲーム『スペースチャンネル5 VR』などのグランディングが、開発体制の強化、新規IPの創出と、採用強化を目的に行う。
02:02:06

『ウマ娘 プリティーダービー』1000万DL突破。ガチャ20連分のジュエル配布などが決定

『ウマ娘』の公式生配信番組「ぱかライブTV Vol.9」で告知され、ハロウィンイベントや新アイテム「解放結晶」なども発表。

Stay Connected

Latest Articles