「ピッコマ」を運営するカカオジャパンへグローバル投資会社が約600億円を投資

 カカオジャパンは、Anchor Equity Partners (Asia) Limitedを割当予定先として、第三者割当による新株式の発行により資金調達を実施することを発表した。

 Anchor Equity Partners (Asia) Limitedは、合計約600億円を出資することになり、この額は2021年の日本国内におけるコンテンツ企業への投資としては最大規模となる。

 

<以下、プレスリリースより引用>

株式会社カカオジャパン(本社:東京都港区、代表取締役社長:金 在龍)は、Anchor Equity Partners (Asia) Limitedを割当予定先として、第三者割当による新株式の発行により資金調達を実施することを決定しました。これによりAnchor Equity Partners (Asia) Limitedは合計約600億円を出資することになり、この額は2021年の日本国内におけるコンテンツ企業への投資としては最大規模となります。
なお、調達完了予定の2021年6月末時点における、当社の企業価値は8,000億円を超える評価となります。

「ピッコマ」は、話題のマンガやノベル作品を、毎日待つだけで1作品につき1話を無料で読むことができる電子マンガ・ノベルサービスです。アプリ版「ピッコマ」のダウンロード数は累計2,700万に達し、2020年7月以降、国内のマンガアプリサービスにおける、App Store(ブックカテゴリ)とGoogle Play(コミックカテゴリ)の合計で、セールス1位を獲得しています。同時に、グローバルでもセールス1位となっており、「ピッコマ」が世界1位のマンガアプリとなりました。今回調達する資金は、グローバル展開も視野に入れた「ピッコマ」のさらなる事業拡大、また事業ポートフォリオ拡充を目的としたコンテンツ事業への投資等へ充ててまいります。

カカオジャパンでは今後とも「作品が主役」という理念のもと、国内外のパートナーのご理解とご支援をいただき、持続可能な「マンガを中心としたコンテンツの生態系」を作るために、市場全体の拡大・活性化を目指してまいります。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
PickUPs!編集部https://pickups.jp/membership-join/
ゲームビジネスの最新情報をお届けします。 読者会員に登録すると、無料ですべての記事をご覧いただけます。Twitter、Facebookのフォローもお忘れなく!

Related Articles

かわいいモルカーのパズルゲーム『あつまれモルカー!PUI PUI パズル』事前登録開始。2021年冬季リリース予定

登録者数2.1万人の突破でガチャ3回分のルビーがゲーム開始時に全ユーザーへ配布される予定。

グランディング、NetEase Gamesを引受先とする第三者割当増資を実施。2DFantasista・ArAtAとの業務提携も発表

ボードゲーム「街コロ」やVRゲーム『スペースチャンネル5 VR』などのグランディングが、開発体制の強化、新規IPの創出と、採用強化を目的に行う。
02:02:06

『ウマ娘 プリティーダービー』1000万DL突破。ガチャ20連分のジュエル配布などが決定

『ウマ娘』の公式生配信番組「ぱかライブTV Vol.9」で告知され、ハロウィンイベントや新アイテム「解放結晶」なども発表。

Stay Connected

Latest Articles