『新版 鉱物分類図鑑 323』が6/5に発売 300以上の鉱物をカラー写真と特徴に沿ったわかりやすい解説で紹介

 誠文堂新光社は、2021年6月5日(土)に『新版 鉱物分類図鑑 323』を発売することを発表した。

 『新版 鉱物分類図鑑 323』は、323の鉱物等(一部、水銀、琥珀、天然ガラスも含む)について、鉱物学の一般的な分類基準に沿った形で、すべてをカラー写真で紹介した鉱物図鑑。

 また、この新版では32頁の増補を行い、クリーニングや保管、薄片という観察手段、鉱物の成因別検索表、元素別鉱物検索表、鉱床タイプ別鉱物検索など、新たな解説やデータも加えられている。

 

<以下、プレスリリースより引用>

株式会社誠文堂新光社(東京都文京区)は、2021年6月5日(土)に、『新版 鉱物分類図鑑 323』を発売いたします。

 本書は、323の鉱物等(一部、水銀、琥珀、天然ガラスも含む)について、鉱物学の一般的な分類基準に沿った形で、すべてをカラー写真で紹介した鉱物図鑑です。

 それらの特長をわかりやすく解説するとともに、鑑定に役立つ様々なデータも掲載しており、産状や成因、採集や調べ方の基礎などとあわせて、鉱物の知識広く身に着けるための助けとなる一冊となっています。

 この新版では、2011 年に発行した『鉱物分類図鑑』について写真の色調記載内容一部変更などを行いました。32 頁の増補を行い、クリーニングや保管、薄片という観察手段、鉱物の成因別検索表、元素別鉱物検索表、鉱床タイプ別鉱物検索など、新たな解説やデータも加え、内容を充実させてあります。

さらに、前著にはなかった、玄武岩ガラス、黒曜石、テクタイトなどの鉱物の追加も行っています。
鉱物に関する知識が充実した、コレクターなら手元に置いておきたい一冊です。

目次

■はじめに 
■本書の構成と見方 
■鉱物に親しむために 
■鉱物の産状と成因 
火山岩および噴気孔 
温泉沈殿物 
熱水鉱脈・熱水交代鉱床・火山岩の気孔 
深成岩およびペグマタイト 
ダイアトリーム 
超塩基性岩
変成岩およびスカルン 
黒鉱およびキースラガー 
層状マンガン鉱床および縞状鉄鉱床 
鉱床酸化帯 
蒸発岩 
堆積岩および鍾乳洞 
■鉱物解説 
元素鉱物 
硫化鉱物・硫塩鉱物 
酸化鉱物 
ハロゲン化鉱物 
炭酸塩鉱物 
硼酸塩鉱物 
硫酸塩、タングステン酸塩、モリブデン酸塩、クロム酸塩鉱物 
燐酸塩、砒酸塩、バナジン酸塩鉱物 
コラムー鉱物が見られる博物館、地質標本館 
珪酸塩鉱物 
有機物 
天然ガラス 
■鉱物の基礎知識 
鉱物の収集 
標本のクリーニングと保管 
鉱物の性質と鑑定 
薄片という観察手段 
鉱物の成因別検索表 
元素別鉱物検索表 
鉱床タイプ別鉱物検索 
■補遺:熱水鉱脈 
■補遺:ペグマタイト 
■掲載鉱物索引 
■謝辞 
■今回の増補改訂の内容とその狙い

 

著者プロフィール

青木 正博(あおき・まさひろ)
1948 年兵庫県神戸生まれ、札幌育ち。
東京大学大学院理学系研究科博士課程修了。国立研究開発法人産業技術総合研究所の附属博物館「地質標本館」館長を経て、産業技術総合研究所名誉リサーチャー。理学博士。主に熱水系の鉱物、温泉がつくる金鉱床を対象に研究してきた。著書多数。著書に、『日本の岩石と鉱物』(共著 東海大学出版会)、『鉱物・岩石検索入門』(共著 保育社)、『地球』(共著 誠文堂新光社)『鉱物・岩石の世界』(誠文堂新光社)、『鉱物図鑑』(誠文堂新光社)、『地層がわかるフィールド図鑑』(共著 誠文堂新光社)、『地形がわかるフィールド図鑑』(共著 誠文堂新光社)、『薄片でよくわかる岩石図鑑』(共著誠文堂新光社)、『岩石薄片図鑑』(誠文堂新光社)、『賢治と鉱物』(共著 工作舎)、訳書に『岩石と宝石の大図鑑』(誠文堂新光社)がある。

 

書籍概要

書 名:新版 鉱物分類図鑑 323
著 者:青木 正博
仕 様: A5判、240頁
定 価: 3,520円(税込)
発売日: 2021年6月5日(土)
ISBN:978-4-416-52141-0

PickUPs!編集部https://pickups.jp/membership-join/
ゲームビジネスの最新情報をお届けします。 読者会員に登録すると、無料ですべての記事をご覧いただけます。Twitter、Facebookのフォローもお忘れなく!

Related Articles

Stay Connected

Latest Articles