Nintendo Switch、国内累計販売台数2000万台を突破

 ゲーム総合情報メディア「ファミ通」は、2017年3月3日に発売された任天堂のゲーム機「Nintendo Switch」が発売から222週(約4年3ヵ月)で国内累計販売台数2000万台を突破したことを発表した。

 また、Nintendo Switch向けのパッケージソフトでは、『あつまれ どうぶつの森』(任天堂/2020年3月20日発売)が677.8万本※を売り上げ、累計販売本数トップとなっている。

 今後、『ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール』(ポケモン/2021年11月19日発売予定)や『スプラトゥーン3』(任天堂/2022年発売予定)といった人気タイトルの発売も控えており、さらなる販売台数の伸びが期待される。

※ソフトの累計販売本数は2021年5月23日まで、パッケージ版のみの集計。
(ニンテンドースイッチの累計販売台数は2021年5月30日までの集計。)

 なお、2021年現在、ゲーム機史上で最も売れたゲーム機はプレイステーション2の1億5500万台(世界累計販売台数)である。Nintendo Switchの世界累計販売台数は8100万台以上(2021年3月末時点)になる。

 

■「Nintendo Switch」国内推定累計販売台数
(集計期間:2017年3月3日~2021年5月30日/販売週数:222週)
国内推定累計販売台数:20,018,278台

<内訳>
Nintendo Switch:16,168,420台
Nintendo Switch Lite: 3,849,858台

【Nintendo Switch向けソフト 国内推定累計販売本数TOP5】
(集計期間:各発売日~2021年5月23日 ※1週前までの集計)  
順位:タイトル名/メーカー/発売日/推定累計販売本数
1位:あつまれ どうぶつの森/任天堂/2020年3月20日/6,778,146本
2位:大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL/任天堂/2018年12月7日/4,285,272本
3位:ポケットモンスター ソード・シールド/ポケモン/2019年11月15日/4,052,668本
4位:スプラトゥーン2/任天堂/2017年7月21日/3,868,221本
5位:マリオカート8 デラックス/任天堂/2017年4月28日/3,844,200本 

<出典:ファミ通>

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
PickUPs!編集部https://pickups.jp/membership-join/
ゲームビジネスの最新情報をお届けします。 読者会員に登録すると、無料ですべての記事をご覧いただけます。Twitter、Facebookのフォローもお忘れなく!

Related Articles

00:00:26

オンラインクレーンゲーム「GOTON!」がアメリカでのサービスを開始

「GOTON!」はPCやスマホなどを通してオンラインで遊べるクレーンゲーム。獲得した景品は自宅まで無料で配送されるほか、無料で遊べる「練習台」が用意されているなどサービスが充実している

『DELTARUNE』Chapter2の配信が9月18日(土)の午前9時よりスタート

人気RPG『UNDERTALE』を手掛けたToby Fox氏の新作RPG。Chapter1はPC(Windows・Mac)、Nintendo Switch、PS4向けに無料配信が行われている

Stay Connected

Latest Articles