「呪術廻戦」初のスマホゲーム『呪術廻戦 ファントムパレード』発表 開発・運営はサムザップ

 サイバーエージェントの連結子会社であるサムザップは、東宝が企画・制作し、サムザップが企画・制作・開発・運営を行う、TVアニメ「呪術廻戦」初となるスマートフォンゲーム『呪術廻戦 ファントムパレード』(以下、『ファンパレ』)を発表した。

 TVアニメ「呪術廻戦」は、2018年より「週刊少年ジャンプ」(集英社)にて連載中の、
芥見下々(あくたみげげ)氏による人気漫画を原作としたアニメで、人間の負の感情が具現化した“呪霊”と、それを祓うために立ち向かう“呪術師”との戦いを描いている。

 原作コミックスは、デジタル版含めて、シリーズ累計発行部数が5,000万部を突破し、本編の連載前に芥見下々氏が短期集中連載として描き下ろした「呪術廻戦 0 東京都立呪術高等専門学校」を映画化した「劇場版 呪術廻戦 0」が2021年12月24日(金)に劇場公開決定している。

 今回『ファンパレ』は、ティザーサイトをはじめ、キービジュアル、ゲームロゴを公開。また、ゲーム内で登場するキャラクター「虎杖悠仁(いたどりゆうじ)」「伏黒恵(ふしぐろめぐみ)」「釘崎野薔薇(くぎさきのばら)」「五条悟(ごじょうさとる)」「七海建人(ななみけんと)」のイラストも先行公開した。

 なお、開発・運営を担当するサムザップは、これまで『戦国炎舞 -KIZNA-』や『この素晴らしい世界に祝福を!ファンタスティックデイズ』などの開発実績を持つ。コミュニティに根ざした運営力をはじめ、IPタイトルのスマホ向けRPGでスマッシュヒットを飛ばすなど、その開発力は折り紙付き。

 社会現象を巻き起こした大型IPの「呪術廻戦」は、2021年末に劇場版の公開を予定していることもあり、サムザップが手掛ける初のゲーム版に際しても注目が集まる。

『呪術廻戦 ファントムパレード』ティザーサイト:https://jujutsuphanpara.jp/

 

■キービジュアル公開

■キャラクターイラスト先行公開

虎杖悠仁(CV:榎木淳弥)
伏黒恵(CV:内田雄馬)
釘崎野薔薇(CV:瀬戸麻沙美)
五条悟(CV:中村悠一)
七海建人(CV:津田健次郎)
タイトルロゴ

 

■『呪術廻戦 ファントムパレード』概要
タイトル:呪術廻戦 ファントムパレード
ジャンル:RPG
価格:基本プレイ無料(アプリ内課金あり)
対応OS:iOS/Android(機種によりご利用いただけない場合があります)
企画・制作:株式会社サムザップ、東宝株式会社
開発・運営:株式会社サムザップ
公式ティザーサイト:https://jujutsuphanpara.jp/
権利表記:©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会 ©Sumzap, Inc.

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
PickUPs!編集部https://pickups.jp/membership-join/
ゲームビジネスの最新情報をお届けします。 読者会員に登録すると、無料ですべての記事をご覧いただけます。Twitter、Facebookのフォローもお忘れなく!

Related Articles

『アリス・ギア・アイギス』リアル調査任務企画開始

リリース開始から3.5周年を記念して、全国350箇所の駅に350種類の「アリスギア」のポスターを掲出中。

PS4/PC『DEATH STRANDING』累計500万本突破 

2020年3月時点での記録。また追加要素入りのリマスター版『DEATH STRANDING DIRECTOR’S CUT』は9月24日に発売予定。
00:04:36

ソニック30周年のお祝いコメント映像「SonicRings」第2弾公開

第2弾では、北米を拠点に活動するインフルエンサーのNoisyButters氏が登場。

Stay Connected

Latest Articles