『バイオハザード ヴィレッジ』追加DLCの開発が進行中

 カプコンは、E3におけるCapcom E3 2021 Showcaseのライブ配信において、『バイオハザード ヴィレッジ』の追加DLC(ダウンロードコンテンツ)の開発を進めていることを明かした。

 本作は、累計900万本(2021年3月31日現在)を販売した『バイオハザード7 レジデント イービル(以下、バイオ7)』の続編で、アクション性を高め、より遊び応えのあるプレイボリュームを備えたタイトル。シリーズナンバリングタイトルとしては8作目にあたる。

 プレイヤーは主人公のイーサンとなり、不気味な寒村を舞台に新たなサバイバルホラーに挑む。フォトリアルな映像表現や3Dオーディオなど技術の面だけでなく、伝統的なホラーを源流とした魅力的なキャラクターやホラーとアクションが共存するプレイ体験がユーザーから支持された結果、全世界で400万本を販売。

 本作はシリーズファンからも高い支持を集めて、かねてから追加DLCの声があがっており、今回その願いが叶った形だ。

 なお、前作『バイオ7』では有料・無料含めて複数の追加DLCが展開された。テクニックが求められるミニゲーム要素をはじめ、主人公以外のキャラクターによる後日談を体験できるゲームなど、いずれも『バイオ7』の物語や世界観を補完できる追加DLCとなった。

▲『バイオ7』の追加DLC「Not A Hero」(無料)。物語は「本編」のクライマックスから幕を開ける。一般人が事件に巻き込まれてゆくイーサンの悪夢とは異なり、プロフェッショナルが危地に挑む本作では、本編とは異なる恐ろしさ、そして“シューター”のテイストも併せ持ったサバイバルホラーが描かれる。シリーズの重要人物、クリス・レッドフィールドが事件の収束に挑む。
▲『バイオ7』の追加DLC「END OF ZOE」(有料 – 税込1,528円)。さらに後の時系列、『バイオ7』世界の中で最後尾に位置する物語。イーサンを導く謎めいた女性“ゾイ”。彼女の運命の行きつく先は体験できる。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
PickUPs!編集部https://pickups.jp/membership-join/
ゲームビジネスの最新情報をお届けします。 読者会員に登録すると、無料ですべての記事をご覧いただけます。Twitter、Facebookのフォローもお忘れなく!

Related Articles

00:05:25

『新すばらしきこのせかい』リアルイベントに渋谷マルイ・渋谷モディなど渋谷駅周辺の17施設が参加決定

作品の登場キャラと一緒に、実際の渋谷の街を巡りながら謎解きやアイテム探しを行う、臨場感溢れる内容に。イベントチケットは、ローソンチケットにて好評販売中。
00:01:39

女性向け恋愛ミステリー『未定事件簿』正式サービス開始

「君と解き明かす恋とミステリー」をテーマにした、法曹界が舞台の恋愛×ミステリー作品。

『荒野行動』×「バイオハザード」シリーズコラボイベント開催

コラボイベントの開催にあわせて、公式Twitterではフォロー&RTキャンペーンを実施。コラボのイメージPVも確認できる。

Stay Connected

Latest Articles