「ゲーム・エンターテインメント業界」2020年度における他社牽制力ランキングTOP3はバンダイナムコ、コナミ、SIE

 パテント・リザルトは2021年6月14日(月)、「ゲーム・エンターテインメント業界」を対象に、2020年の特許審査過程において他社特許への拒絶理由として引用された特許件数を企業別に集計した「ゲーム・エンターテインメント業界 他社牽制力ランキング2020」を発表した。

 他社牽制力ランキング2020において、最も引用された企業は1位バンダイナムコエンターテインメント、2位コナミデジタルエンタテインメント、3位ソニー・インタラクティブエンターテインメント(SIE)という結果となった。

 

<以下、プレスリリースより引用>

株式会社パテント・リザルトは2021年6月14日、「ゲーム・エンターテインメント業界」を対象に、2020年の特許審査過程において他社特許への拒絶理由として引用された特許件数を企業別に集計した「ゲーム・エンターテインメント業界 他社牽制力ランキング2020」をまとめました。この集計により、直近の技術開発において競合他社が権利化する上で、阻害要因となる先行技術を多数保有している先進的な企業が明らかになります。

集計の結果、2020年に最も引用された企業は、1位 バンダイナムコエンターテインメント、2位 コナミデジタルエンタテインメント、3位 ソニー・インタラクティブエンターテインメント(SIE)となりました。

※当ランキングは、企業グループを考慮した名寄せ処理を用いて算出しています。

1位 バンダイナムコエンターテインメントの最も引用された特許は「HMDを装着し、コントローラを把持して操作する場合のユーザビリティ」に関する技術で、コロプラなどの計5件の審査過程で引用されています。このほかには、「プレーヤの視線とキャラクタの関係を反映したゲーム処理」に関する技術が引用された件数の多い特許として挙げられ、グリーの「VRゲーム」など計5件の拒絶理由として引用されています。
2020年に、バンダイナムコエンターテインメントの特許によって影響を受けた件数が最も多い企業はグリー(41件)、次いでカプコン(36件)、コロプラ(33件)となっています。

2位 コナミデジタルエンタテインメントの最も引用された特許は「ユーザの不満を改善した、ゲーム媒体における抽選」に関する技術で、カプコンの7件の審査過程で引用されています。このほかには「従来よりもユーザの満足度を高めた、ソーシャルゲームでの抽選」に関する技術が引用された件数の多い特許として挙げられ、カプコン、バンダイナムコの計5件の拒絶理由として引用されています。
2020年に、コナミデジタルエンタテインメントの特許によって影響を受けた件数が最も多い企業はグリー(37件)、次いでバンダイナムコエンターテインメント(32件)、カプコン(25件)となっています。

3位 ソニー・インタラクティブエンターテインメントの最も引用された特許は「画像酔いを低減したヘッドマウントディスプレイ」に関する技術で、GOOGLEの「ヘッドマウントディスプレイの電子ディスプレイ安定化」関連など計特許5件の審査過程において拒絶理由として引用されています。
2020年に、SIEの特許により影響を受けた件数が最も多い企業は任天堂(13件)、次いでコロプラ、グリー(いずれも10件)となっています。

4位 セガは「小型で、かつシンプルに構成することのできるアナログ抽選装置」が、5位 任天堂は「ゲームプログラム、リズムゲーム処理方法、リズムゲームシステム、およびリズムゲーム装置」が、最も引用された特許としてそれぞれ挙げられます。

 

ランキングの集計対象

日本特許庁に特許出願され、2020年12月までに公開されたすべての特許のうち、2020年1月から12月末までの期間に拒絶理由(拒絶理由通知または拒絶査定)として引用された特許を抽出。
本ランキングでは、権利移転を反映した集計を行っています。2021年5月1日の時点で権利を保有している企業の名義でランキングしているため、出願時と企業名が異なる可能性があります。
業種は総務省の日本標準産業分類を参考に分類しています。

 

ゲーム・エンターテインメント業界 他社牽制力ランキング2020 データ販売

納品物:以下のデータを収納したCD-ROM
1)ランキングトップ30社
  ゲーム・エンターテインメント業界の被引用件数上位30社のランキング
2)被引用件数上位100件のリスト
  ゲーム・エンターテインメント業界の被引用件数上位100件及び引用先の特許との対応を掲載
価格:50,000円(税抜)
お申し込みは下記URLをご参照ください。
https://www.patentresult.co.jp/news/2021/06/fcitgame.html

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
PickUPs!編集部https://pickups.jp/membership-join/
ゲームビジネスの最新情報をお届けします。 読者会員に登録すると、無料ですべての記事をご覧いただけます。Twitter、Facebookのフォローもお忘れなく!

Related Articles

21年第2四半期、日本のセールス&DLランキング首位は『ウマ娘』 推定売上額は約398億円

【Sensor Tower調査】首位の『ウマ娘』の売上は、3億6,100万ドル(約398億円)を超え、2021年第1四半期から129.6%の成長を記録した。

米国のモバイルアクションゲームの売上は2021年上半期に倍増 『原神』が牽引

【Sensor Tower調査】米国のスマホ向けアクションゲームジャンルの売上が前年同期比103.8%増の4億3,570万ドル(約479億円)となり、最も急速に増加したジャンルとなった

21年6月の世界DLトップは『Count Masters』、 全体の2割弱をインドが占める

2021年6月の世界のモバイルゲーム市場は、App StoreおよびGoogle Play全体で45億DLとなり、前年同月比で2.4%の減少値。

Stay Connected

Latest Articles