『ニンテンドーラボ』をバーチャル空間でプレイ…少年心を忘れないアラサー3人組が挑戦

 バーチャルYouTuber(バーチャルライバー)の花畑チャイカさんは、自身のYouTubeチャンネルにおいて「ニンテンドー ラボ ロボットを社と加賀美と一緒に3Dで作って遊ぼう」を配信しました。

 配信では、段ボールなどを組み合わせてコントローラーを自分で組み立て、それをNintendo Switchと連動させてゲームを遊ぶ『Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)』のロボットキットを、同じバーチャルYouTuberグループ「にじさんじ」に所属する社築さん、加賀美ハヤトさんと一緒にプレイしました。

 彼らはバーチャル空間で活動する存在なので、作成中のキットはリアルタイムでは見ることができません。しかし、協力して一生懸命に組み立てる3人の様子が微笑ましく、不可視ながらもしっかり作っていることが感じられます。

 時には、他のことで遊び始めてしまうことも。悪ふざけするチャイカさんと社さん、それにツッコミを入れる加賀美さんの組み合わせは、学校の休み時間を彷彿とさせます。コントローラーが完成すると、全員で子供時代に戻ったようにはしゃぐアラサーたちを見ることができます。

 完成したコントローラーは3Dモデルとしてバーチャル空間にも反映され、装着しているのがわかるようになっていました。1対1対戦などのいろいろなモードを、ダイナミックな動きとひたすら高いテンションで、心行くまで楽しみました。

 作成からプレイまで続けて行っていたので長時間の配信になりますが、全編見どころしかない、取れ高満載の内容になっていますので、興味を持った方は是非視聴してみてください。

 

【Let’s Player】

花畑チャイカYouTubeチャンネル
にじさんじ所属のバーチャルYouTuber(バーチャルライバー)。落ち着いた低い声から繰り出される、何でもアリなトークが人気。虚言癖呼ばわりされるほど適当な言動や、突然奇怪な行動に走るなど、見ていて飽きない人物。リスナーとの距離感が近く、配信の雰囲気が心地良いのが特徴的な、変態女装おじさん(自称)。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
寺村 一也(Kazuya Teramura)
ライター。ゲームに関連した書籍・WEBメディアで記事を執筆する傍ら、ゲーム実況・VTuber文化にも精通。幼少期からゲームを遊ぶ時間に制限があったものの、説明書や攻略本など関連書籍を読み漁りゲームの魅力に触れていく。その経験からプレイ以外の「観て楽しむ」という実況文化を学ぶようになる。

Related Articles

任天堂からの挑戦状をクリアせよ。Switch『メトロイド ドレッド』シリーズファンのVTuberがチャレンジ

今回の企画に参加するクリエイター陣の中でも、社さんは根っからのシリーズファンであり、自身のチャンネルでも『スーパーメトロイド』や『メトロイドフュージョン』といったタイトルを実況。

あの大物歌手・小林幸子がゲーム実況に挑戦。人生初体験となるゲーム『スーパーマリオワールド』を堪能

マリオを全く知らない方の実況プレイは非常に新鮮で、それをプレイしているのがあの小林幸子さんというのですから、見どころしかありません。

総勢24名のにじさんじライバーによる『スマブラ』紅白戦が開催。壮絶な勝ち抜き戦で生き残るのはどちらのチームだ

実況は『レバガチャ』ではおなじみのライバーであるシェリン・バーガンディさんに加え、解説は忍ismGamingに所属するプロゲーマーのあばだんごさんが担当。

Stay Connected

Latest Articles