『魔界戦記ディスガイアRPG』繁体字版が配信決定

 フォワードワークスは、スマートフォン向けゲーム『魔界戦記ディスガイアRPG』の繁体字版『魔界戰記 DISGAEA RPG』の配信が決定したことを発表した。配信開始は2021年8月を予定している。

 

 繁体字版の配信は、2021年4月13日(火)に配信された英語版と同じBoltrend Gamesが担当する(関連記事)。これにより、まだ展開されていなかった台湾、香港、マカオ、シンガポール、マレーシアといったアジア地域でも本作が遊べるようになる。

 現在、配信予定の各地域ではクローズドβテストを実施中だ。繁体字版の動きは公式Facebook(@DISGAEARPGTW)で確認可能。なお、繁体字版『魔界戰記 DISGAEA RPG』およびCBTは日本国内ではプレイ不可となっている。

   

 「ディスガイア」シリーズはSteamでコンシューマ向けタイトルの海外展開も積極的に行い、海外人気も獲得してきているタイトル。『魔界戦記ディスガイアRPG』もまた、市場を広げて新たなユーザー、ファン獲得を果たすのか注目だ。

    

アプリ概要

タイトル魔界戰記 DISGAEA RPG
対 応iOS / Android
利用料基本プレイ無料(アプリ内課金あり)
配信日2021年8月予定
配信地域台湾・香港・マカオ・シンガポール・マレーシア

©Nippon Ichi Software ©2021 FW Published by Boltrend Games.

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
PickUPs!編集部https://pickups.jp/membership-join/
ゲームビジネスの最新情報をお届けします。 読者会員に登録すると、無料ですべての記事をご覧いただけます。Twitter、Facebookのフォローもお忘れなく!

Related Articles

アリババクラウド、日本のゲーム企業の支援に向けて製品・サービスを拡充

今年、リアルタイム処理を支える次世代データウェアハウスの「Hologres」を日本市場に導入したことで、ゲーミング・ソリューションがさらに豊富となった。

​アカツキ、アフリカでのエンタメ市場拡大を睨み投資を実行

投資先となるCarry1stは、アフリカで最有力のモバイルゲーム・パブリッシャー。2018年の創業以来、ゲームスタジオとして蓄積したゲーム開発のノウハウに加え、世界各国のゲームスタジオと連携し、アフリカでのローカライズ、流通、広告、課金などの仕組みを提供するゲームパブリッシャーとしての地位を確立しつつある。

サンリオキャラクターの着せかえアプリ『ハロースイートデイズ』、韓国・アメリカ・カナダで配信開始

本作は、ハローキティ、マイメロディなど、サンリオの人気キャラクターが登場し、お揃いコーデができる洋服や家具などのアイテムを用いて、自分だけの大好きなサンリオキャラクターの世界をつくることができる。

Stay Connected

Latest Articles