2021年6月の世界のモバイルゲーム売上高トップ、『二ノ国:Cross Worlds』3位にランクイン

▲画像はSensor Towerの「Top Grossing Mobile Games Worldwide for June 2021」より

 アメリカの調査会社Sensor Towerは、2021年7月12日、同社のブログにおいて「2021年6月 世界のモバイルゲーム売上高トップ」を公開した。なお、本記事の数字は同社の推計によるものである。

 2021年6月の全世界売上高トップはテンセントの『王者栄耀(Honor of Kings)』で、プレイヤーの支出額は約2億7700万ドル(約303億円)に達し、2020年6月から1年で約21%の成長を記録した。『王者栄耀』の売上の約95.6%は中国からのもので、次いで台湾が2%、タイが1.2%となっている。

 同じくテンセントの『PUBG Mobile』は2億1,380万ドル(約234億円)の総売上高で第2位となり、2020年6月から11%の伸びを示した。『PUBG Mobile』の収益の約53.3%は、中国のローカライズ版である『Game for Peace』の収益であり、次いで米国での収益が11.2%となる。

 続いてネットマーブルの『二ノ国:Cross Worlds(Ni No Kuni: Cross Worlds)』、Roblox の『Roblox』、Kingの『Candy Crush Saga』が売上高の上位を占めた。

 6月のランキングトップ10アプリの売上を合計すると、約14億ドル(約1,533億円)となる。それぞれのゲームが1億ドル以上を売り上げており、単月でマイルストーンを超えたタイトル数としては記録的といえる。

 Sensor Towerによると、「これは、世界各地でCOVID-19に関連した社会的規制が解除されたにもかかわらず、娯楽や生活必需品のためにモバイル機器を使用するなど、自粛期間中に身につけた新しい習慣が定着していることを裏付ける結果」と評価。

 スマートフォンアプリ市場全体では、6月のApp StoreとGoogle Playで約73億ドル(約7,991億円)の売上があり、前年同月比で約10%の増加となった。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
PickUPs!編集部https://pickups.jp/membership-join/
ゲームビジネスの最新情報をお届けします。 読者会員に登録すると、無料ですべての記事をご覧いただけます。Twitter、Facebookのフォローもお忘れなく!

Related Articles

Riot Gamesのスマホ向けゲームの売上高が1億ドル突破

『Wild Rift』が売上をけん引。『League of Legends』を代表する同シリーズは、PCからスマートデバイスに舞台を移してもその存在感を示す。

21年第2四半期、日本のセールス&DLランキング首位は『ウマ娘』 推定売上額は約398億円

【Sensor Tower調査】首位の『ウマ娘』の売上は、3億6,100万ドル(約398億円)を超え、2021年第1四半期から129.6%の成長を記録した。

米国のモバイルアクションゲームの売上は2021年上半期に倍増 『原神』が牽引

【Sensor Tower調査】米国のスマホ向けアクションゲームジャンルの売上が前年同期比103.8%増の4億3,570万ドル(約479億円)となり、最も急速に増加したジャンルとなった

Stay Connected

Latest Articles