『パワプロ』を使用した甲子園が今年も開催 勝利の栄冠を手にするのはどのチームだ

 バーチャルYouTuber(バーチャルライバー)グループである「にじさんじ」の公式YouTubeチャンネルにおいて「にじさんじ甲子園2021 ドラフト会議【 #にじさんじ甲子園 】」が配信されました。

 本配信から開始された「にじさんじ甲子園2021」は、『eBASEBALLパワフルプロ野球2020』公式協力のもと、野球部の監督となって甲子園を目指すモード「栄冠ナイン」を使用して行われる、夏の大型企画。監督を務めるライバーたちが、グループに所属するメンバーを選手としてゲーム内に登場させ、最終的に育て上げたチームによって対戦、栄光の優勝を目指します。

 今回の配信では、登場させるメンバーを決めるためのドラフト会議が行われました。監督を務めるライバーは、自身と交流のあるメンバーを選ぶのか、はたまた他の監督を妨害するために動くのか……予想外の番狂わせと熱い駆け引きによって、ドラフトは大波乱となりました。

 本大会にて主催のひとりとして活躍する天開司さんと、持ち前の豪運を生かして歴代の大会で猛威を振るった椎名唯華さんのふたりから始まった、『パワプロ』を使用したバーチャルYouTuberたちによる甲子園。その系譜を受け継ぐ本大会は非常に大きな盛り上がりを見せており、前年の決勝戦の同時接続数は19万人を突破しました。

 チームの育成の様子は、8月13日から開催される本戦に向けて、各監督の個人チャンネルにて行われます。昨年は選手として参加していたメンバーが、今回は監督としてチームを率いるといったエモーショナルな展開など、各チームにそれぞれのストーリーがあるので、思わず応援したくなることでしょう。

 応援しているチームの配信を見るのはもちろん、それぞれのチームの情報を発信する育成ニュース番組をチェックするもよし、「#にじさんじアルプススタンド」にて本大会のファンアートを楽しむのもよしと、様々な方法で自分に合った楽しみ方ができます。気になった方は是非好きなチームを応援して、今年最もアツい試合を目撃しましょう。

 

【Let’s Player】

にじさんじ(YouTubeチャンネル
ANYCOLOR株式会社が運営する、YouTuber(バーチャルライバー)グループの公式チャンネル。インフルエンサーとしての側面も持つ、個性豊かなメンバーが100人以上所属している。持ち前のユニークさを生かした配信や大人数を生かした企画などが話題となり、若い男女を中心に人気を博している。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
寺村 一也(Kazuya Teramura)
ライター。ゲームに関連した書籍・WEBメディアで記事を執筆する傍ら、ゲーム実況・VTuber文化にも精通。幼少期からゲームを遊ぶ時間に制限があったものの、説明書や攻略本など関連書籍を読み漁りゲームの魅力に触れていく。その経験からプレイ以外の「観て楽しむ」という実況文化を学ぶようになる。

Related Articles

03:27:13

総勢24名のにじさんじライバーによる『スマブラ』紅白戦が開催。壮絶な勝ち抜き戦で生き残るのはどちらのチームだ

実況は『レバガチャ』ではおなじみのライバーであるシェリン・バーガンディさんに加え、解説は忍ismGamingに所属するプロゲーマーのあばだんごさんが担当。
00:01:43

Hey! Say! JUMPの山田涼介が、念願のゲーム実況チャンネル開設。『Apex Legends』でその腕前を発揮

記念すべき第1回の配信はHIKAKINさん、VTuberの渋谷ハルさんという大物ゲストを招いての『Apex Legends』プレイ。
01:24:34

繰り返され続ける12分間。TEAM-2BRO.の弟者が挑む、ループから抜け出すために謎を解くサスペンスADV『Twelve Minutes』

本作の音声は英語のみだが、弟者さんの良い声も相まって、まるで吹き替えのような感覚で見られるのもポイント。

Stay Connected

Latest Articles