『翔んで埼玉Ⅱ(仮)』製作決定、原作者・魔夜峰央先生が「正気かおまえら」と作品愛溢れるコメント

 東映オフィシャルサイトにて、8月11日、『翔んで埼玉Ⅱ(仮)』の製作決定が発表された。『翔んで埼玉』は、『パタリロ!』などの作品で知られる漫画家・魔夜峰央先生の原作を映画化した作品。原作が持つ世界観を忠実に再現したキャラクタービジュアルや、埼玉について面白おかしくイジリ倒す“ディスり”などが話題に。2020年の日本アカデミー賞では、優秀作品賞や優秀監督賞など12部門を受賞した。

 『翔んで埼玉Ⅱ(仮)』について、前作でW主演を務めたGACKTさん、二階堂ふみさんの続投も発表されている。解禁された新ビジュアルは、二人が扮する麻実麗と壇ノ浦百美が、「埼玉の皆様 続編作ってゴメンなさい。」という文字をバックに、頭をペコリと下げるというもの。一体今作ではどのような“埼玉ディス”が飛び出してしまうのか、嫌でも期待が高まってしまうビジュアルだ。

 製作決定について、GACKTさんは「不安しかありません。」、原作者・魔夜峰央先生は「改めて言うが、正気か。」と、ユーモアたっぷりにコメント。二階堂ふみさんは「真面目に不真面目な大人達が集まる現場にまた呼んでいただけて、とても光栄です。」「日本最高峰の茶番劇をお届けしたいと思っています。」と、ファンに向けてメッセージを残している。

 『翔んで埼玉』公式サイトでは現在、“続編ではどの都道府県がディスられるのか”を予想(もしくは期待)する、キャンペーンが行われている。抽選で10名にオリジナルグッズがプレゼントされるとのことなので、興味のある方はチェックしてみてはいかがだろうか。

『翔んで埼玉』公式サイト:https://www.tondesaitama.com/

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
島中 一郎(Ichiro Shimanaka)https://www.foriio.com/16shimanaka
ライター。ゲーム・アニメ業界を中心にニュース記事の執筆、インタビュー、セミナー取材などマルチに担当。ボードゲームが趣味であり、作品のレビューや体験会のレポートを手掛けるほか、私生活で会を催すことも。無類のホラー好き。

Related Articles

00:01:01

『ソードアート・オンライン』リアル脱出ゲーム限定オリジナルグッズ9種が発売&ボイスドラマが配布決定

描き下ろしイラストを使用したステッカーなど、イベント参加記念に最適なオリジナルグッズが登場。ボイスドラマはキリトとアスナの掛け合いが楽しめる内容となっている

業界初「ガシャポン カプセルリサイクル」を3社合同で実施へ

バンダイとバンダイナムコアミューズメント、バンダイロジパルの3社が、ガシャポンの空カプセルのリサイクル事業に取り組む

「聖剣伝説」シリーズ30周年を記念したオンリーショップがアニメイト一部店舗にて開催

シリーズ歴代キャラがデザインされたキャラバッジや、モンスターがデザインされたTシャツ、マグカップなど、ファン必見のグッズが発売される

Stay Connected

Latest Articles