米国で「テーブルゲーム」ジャンルのアプリ売上が前年比40%増の7億380万ドルに増加

▲画像はSensor Tower「U.S. Mobile Tabletop Game Spending Rises by 40% to $704 Million」より

 アメリカの調査会社Sensor Towerは同社のブログにおいて、米国の「テーブルゲーム(以下、テーブル – 米国ではtabletopの表記)」ジャンルのアプリに関するデータを公開した。なお、本記事の数字は同社の推計によるものである。

 データによると、米国で「テーブル」ジャンルのアプリにおける売上額が、前年比で約40%増の7億380万ドル(約777億円)に達したことがわかった。

2020年8月~2021年7月の米国「テーブルトップ」アプリ売上額。

    

 2020年8月1日から2021年7月31日の間に米国で発売された売上額No.1の「テーブル」ジャンルのアプリは、Supertreatの『Solitaire Grand Harvest』で、1億1530万ドルの売上を記録した。第2位はGSNの『Solitaire TriPeaks』、第3位はScopelyの『Yahtzee with Buddies Dice』となった。

▲『Solitaire Grand Harvest』 は、箱庭要素のあるソリティアゲーム。

   

2020年8月~2021年7月の米国「テーブルトップ」アプリのDL数。

 ダウンロード数を見ると、「テーブル」ジャンルはこの1年間(2020年8月~2021年7月)で2億270万DLとなったが、その以前(2019年8月~2020年7月)と比較して約12%の減少となった。ダウンロード数のトップは、X-Flowの『Happy Color』で830万DLで。第2位は、Mattel163社の『UNO!』、第3位はChess.com社の『Chess』。

 

 Sensor Towerは、「テーブル」ジャンルのアプリを4つのサブカテゴリ(「ソリティア/麻雀」、「カードゲーム」、「ボードゲーム」、「ぬり絵/お絵かき」)に分け、 ダウンロード数とRPD(=累積収益額/累積ダウンロード数)のグラフに表したデータも公開。

 『Solitaire Grand Harvest』が属する「ソリティア/麻雀」カテゴリは期間中、4つの中でもNo.1の収益をあげ、売上高は前年比で44%以上増加の約3億1,000万ドル(約340億円)となった。

 DL数では、「ソリティア/麻雀」が7,680万で第1位。全サブカテゴリでDL数は前年比で減少したが、Jelly Button Gamesの『Chess』や『Board Kings』などのタイトルを含む「ボードゲーム」カテゴリは最も緩やかな減少となり、1%減の約3,900万に抑えた。

 DLあたりの収益を分析すると、「ボードゲーム」は昨年1年間で1DLあたり約6.3ドルを生み出し、第1位となった。2位は「カードゲーム」、3位には「ソリティア/麻雀」が続く。なお、この指標は生涯RPDを考慮しておらず、過去のダウンロード数は使用されていない。

 そのほか、売上高が最も急速に増加したジャンルは「カードゲーム」で、Mattel163の『Phase 10: World Tour』やジンガの『Spades Plus』などのタイトルが含まれており、前年比83.6%増の1億130万ドル(約112億円)となった。ただしこれらのデータは、それぞれのサブカテゴリにおいて、リリースされたタイトル数が異なることに留意する必要があるだろう。

▲2020年8月~2021年7月の、「テーブルトップ」サブカテゴリ別の米国ダウンロード数×RPDグラフ。

      

 Sensor Towerは、「「テーブル」ジャンルのゲームは、アプリ市場で最も急速に成長しているジャンルであると同時に、長年にわたってM&Aの対象となってきた。昨年1年間の米国における「テーブル」の収益トップタイトルである『Solitaire Grand Harvest』はSupertreat社が開発したものだが、2019年にPlaytika社が買収。一方、ソニーは同年中に、同ジャンル第2位の『Solitaire TriPeaks』を開発したGSNの株式を過半数保有している」と振り返った。

 「テーブル」ゲームの分野は、有名IPやクラシックなボードゲームを活用することで参入しやすいため、アプリ市場の中でも急速に成長していると推測できる。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
PickUPs!編集部https://pickups.jp/membership-join/
ゲームビジネスの最新情報をお届けします。 読者会員に登録すると、無料ですべての記事をご覧いただけます。Twitter、Facebookのフォローもお忘れなく!

Related Articles

中国スマホゲーム企業の売上TOP30。テンセント、NetEase、miHoYoが引き続き上位にランクイン

上位3社に次いで『パズル&サバイバル』の37GAMESが複数のヒットタイトルによって4位に。8月の収益を前年同期比349.2%増に伸ばし、過去最高の値を記録。

海外進出に成功した中国のモバイルゲームTOP30。『原神』『PUBG MOBILE』は1億ドル超

【Sensor Tower調査】2021年8月のデータ。『パズル&サバイバル』も好調。7月の前年同月比17.5%増に加え、8月はさらに19%増。日本市場の売上が45.4%を占める。
00:00:16

リズムゲーム『東方ダンマクカグラ』をゲームエイジ総研が調査。“東方Projectらしい音楽”を若年層が支持

・平均デイリーアクティブユーザー数は43.2万人 ・最も多いユーザーは10代男性で3割を占める など

Stay Connected

Latest Articles