ゲーム周辺機器市場、2021年~2026年にかけて緩やかに成長する見込みに

 グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「ゲーム用周辺機器の世界市場:業界動向、市場シェア・規模・成長率・機会および予測(2021年~2026年)」の販売を開始した。

 ゲーム周辺機器とは、ヘッドセットやジョイスティック、キーボード、ゲームパッドなど、コンピュータに入出力を提供し、ユーザーのゲーム体験を向上させる補助装置のこと。その世界市場は、2020年に36億4,000万米ドルにまで成長している。

 グローバルインフォメーションは、世界のゲーム周辺機器市場を牽引している主な要因について、「ハードコア・カジュアルゲーマーの増加」と、「eスポーツ人気の高まり」を挙げる。eスポーツやバーチャルゲームの普及により、カスタマイズが可能で、ユーザビリティが高いゲーミングキーボードやゲームパッドの開発が活性化。その結果、高品質なゲーム機、全身センサー、周辺機器などのニーズの高まりを生んだとしている。

 また、若年労働人口の増加に伴い、ゲーム周辺機器の平均価格も上昇。グローバルインフォメーションは、拡張現実(AR)、仮想現実(VAR)、高精細ディスプレイなどの導入も、この市場の成長を促進する要因になるとし、世界のゲーム用周辺機器市場は、今後5年間で安定成長を示すと予想を立てた。

 今回のグローバルインフォメーションのレポートでは、世界のゲーム用周辺機器市場について、業界動向、市場予測、製品タイプ・ゲーム機タイプ・技術・流通チャネル・地域別の市場分析、競合情勢、主要企業のプロファイル等の情報を提供しているとのことだ。

 グローバルインフォメーションの公式サイトでは、問い合わせと見積もりのほか、購入検討用として無料サンプルの取り寄せが可能となっている。

「グローバルインフォメーション」公式サイト:https://www.gii.co.jp/

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
島中 一郎(Ichiro Shimanaka)https://www.foriio.com/16shimanaka
ライター。ゲーム・アニメ業界を中心にニュース記事の執筆、インタビュー、セミナー取材などマルチに担当。ボードゲームが趣味であり、作品のレビューや体験会のレポートを手掛けるほか、私生活で会を催すことも。無類のホラー好き。

Related Articles

中国スマホゲーム企業の売上TOP30。テンセント、NetEase、miHoYoが引き続き上位にランクイン

上位3社に次いで『パズル&サバイバル』の37GAMESが複数のヒットタイトルによって4位に。8月の収益を前年同期比349.2%増に伸ばし、過去最高の値を記録。

海外進出に成功した中国のモバイルゲームTOP30。『原神』『PUBG MOBILE』は1億ドル超

【Sensor Tower調査】2021年8月のデータ。『パズル&サバイバル』も好調。7月の前年同月比17.5%増に加え、8月はさらに19%増。日本市場の売上が45.4%を占める。
00:00:16

リズムゲーム『東方ダンマクカグラ』をゲームエイジ総研が調査。“東方Projectらしい音楽”を若年層が支持

・平均デイリーアクティブユーザー数は43.2万人 ・最も多いユーザーは10代男性で3割を占める など

Stay Connected

Latest Articles