『ドラゴンボールZ ドッカンバトル』累計売上額が30億ドル(約3,291億円)を突破 リリースから6年半

▲画像はSensor Tower「Dragon Ball Z: Dokkan Battle Surpasses $3 Billion Spent by Players Since Its 2015 Launch」より

 アメリカの調査会社Sensor Towerは、同社のブログにおいて『ドラゴンボールZ ドッカンバトル(以下、ドッカンバトル)』の累計売上額が30億ドル(約3,291億円)を突破したことを公表した。なお、本記事の数字は同社の推計によるものである。

 『ドッカンバトル』(開発:アカツキ)は、週刊少年ジャンプ(集英社)の人気漫画「ドラゴンボール」を題材としたスマートフォン向けパズルRPG。日本では2015年1月(iOSは2月)にリリースされ、現在6年半が経過する長期運用タイトルでもある。

 言語は英語、繁体字、韓国語、フランス語などに対応しグローバルに展開。2021年8月には全世界3.5億DLも突破し、さまざまな施策を行っている。

 

 『ドッカンバトル』 は、サービス開始3年後の2018年4月に累計10億ドルを突破すると加速度的に売上を伸ばし、2019年11月に20億ドルのマイルストーンを達成。2019年は第1四半期(1~3月)が特に目覚ましく、それまでの売上を大きく上回る成長を遂げていた。本作の開発・運営を担当するアカツキは、同社の決算資料(FY2018_4Q_決算発表資料)で、国内での4周年イベントの成功や、台湾⼦会社の体制を強化したことによる海外での成⻑を要因としている。

▲画像は Sensor Tower 「Dragon Ball Z: Dokkan Battle Hits $2 Billion in Lifetime Revenue」(2019年11月の記事)より
2016年第1四半期から2019年第3四半期までの「ドラゴンボールZ:ドッカンバトル」の四半期別総売上高

 本作における売上は、毎年2月と7月に急増する傾向にある。

 なお、過去最高の月は2019年2月で、2番目に高かった月は2020年7月。直近では、2021年7月が過去3番目に高い月となり、8,050万ドル(約88億円)となった。また、2021年7月はDL数が2017年8月以来の最高月となり、160万DLを記録した(80.6%がGoogle Play経由)。

▲分析ツール「LIVEOPSIS」のイベントカレンダーで確認すると、7月に入ったタイミングで七夕を記念した施策を持続的に展開。ひと月の間、常にランキング上位に居続けた。

 

 そして、海外成長を遂げた同タイトルは、20ヶ月でさらに10億ドルを生み出した。30億ドルの大台を超えて、Supercellの『クラッシュ・ロワイヤル』やNCSOFTの『リネージュ M』などに並ぶ大ヒットタイトルのひとつとなった。

 Sensor Towerによると、本作は2021年上半期に全世界で2億6,040万ドル(約286億円)の売上を記録し、「パズルRPG」ジャンルの第3位となった。

 1位はミクシィの『モンスターストライク』(※国内ではアクションやRPGに分類)、2位はガンホーの『パズル&ドラゴンズ』、4位にはSmall Giant Gamesの『エンパイアズ&パズルズ』、5位に37Gamesの『パズル&サバイバル』がランクインしている。

2021年上半期、世界のモバイルパズルRPGの売上高トップ

 

 本作は現在までに国内で18億ドルを売り上げ、全体収益の60%を占めている。そこに米国が第2位、フランスが第3位と続く。

 なお、全世界でのプレイヤー人口の内訳は、1位が日本で約17%となる。2位は米国、3位はブラジルと続く。プラットフォーム毎のプレイヤー内訳はGoogle Playが全体の約76%を占め、圧倒的なシェアを記録。対して、セールスで占める割合はApp Storeがやや多く、全収益の51.6%を占める。この数字からは、日本市場における平均課金額の高さがうかがえる。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

Related Articles

中国スマホゲーム企業の売上TOP30。テンセント、NetEase、miHoYoが引き続き上位にランクイン

上位3社に次いで『パズル&サバイバル』の37GAMESが複数のヒットタイトルによって4位に。8月の収益を前年同期比349.2%増に伸ばし、過去最高の値を記録。

海外進出に成功した中国のモバイルゲームTOP30。『原神』『PUBG MOBILE』は1億ドル超

【Sensor Tower調査】2021年8月のデータ。『パズル&サバイバル』も好調。7月の前年同月比17.5%増に加え、8月はさらに19%増。日本市場の売上が45.4%を占める。
00:00:16

リズムゲーム『東方ダンマクカグラ』をゲームエイジ総研が調査。“東方Projectらしい音楽”を若年層が支持

・平均デイリーアクティブユーザー数は43.2万人 ・最も多いユーザーは10代男性で3割を占める など

Stay Connected

Latest Articles