スマホ向けコマンドRPG『この素晴らしい世界に祝福を!ファンタスティックデイズ』をグローバルで配信開始

 ネクソンは、スマホ向けコマンドRPG『この素晴らしい世界に祝福を!ファンタスティックデイズ』のグローバルサービスを開始したことを発表した。グローバルでの事前登録者数は7月に100万人を突破。

 本作は、KADOKAWA及びゲーム開発を手掛けるサムザップとの協業を通じて、ネクソンがグローバルに向けて※パブリッシングを行う。iOS及びAndroid端末上で配信し、8か国語に対応。

※日本、中国、台湾、香港及びマカオを除く。

   

 『このファン』は、同名のライトノベルを基にした人気アニメ「この素晴らしい世界に祝福を!」を原作としたタイトル。異世界に転生したゲーム好きの少年が冒険者となり、仲間になるアークプリースト、アークウィザード、そしてクルセイダーと送る波乱万丈(?)な日々を描いたストーリーが展開される。「カズマ」、「アクア」、「めぐみん」、「ダクネス」たちをはじめとしたアニメでお馴染みのキャラクターに加えて、ゲームオリジナルキャラクターも登場する。

  サムザップより先行配信(2020年2月27日~)された日本では現在、1.5周年を記念した盛り上げ施策が進行中。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

Related Articles

『プロジェクトセカイ』欧米・アジアを中心にグローバルでのサービス開始を決定

9月30日に繁体字圏向けのサービス開始を予定し、欧米をはじめ約130の国・地域向けに2021年内、以後、韓国、東南アジア、中国本土向けに順次サービスを展開していく。
00:00:42

NCSOFTの新作MMORPG『ブレイドアンドソウル2』韓国でサービス開始。モバイル等複数プラットフォームで展開

現地韓国のApp Storeでは無料ダウンロードランキングで1位、セールスランキングでTOP5入りを果たすなど、幸先のいいスタートを切っている。

韓国で独走するNCSOFTの悩み。無限競争とPKを軸にする「リネージュ型課金モデル」の功罪

無限競争とPKを軸にする「リネージュ型課金モデル」とは。韓国ゲーム会社もこの戦略を参考にしているが、海外の成功事例はあるのか。

Stay Connected

Latest Articles