半数以上が1年間でおもちゃ・知育玩具を処分。玩具の行く先に目を向けた意識調査が公開

 おもちゃのサブスク・レンタルサービス「トイサブ!」を展開するトラーナは、2021年8月、0歳~満6歳までの子どもがいる20代~40代の男女467名及びトイサブ!ユーザー2,211名に「おもちゃの購入・廃棄」に関する意識調査を実施した。

 トラーナでは、京都府の調査データを基に日本におけるおもちゃの年間廃棄量を年間約60,000トン(※1)と試算。昨今SDGsへの意識が高まる中で、玩具業界におけるサスティナブルなビジネスモデルの構築がどのようにSDGsに貢献できるかを明らかにしている。

 以下、調査の結果を掲載する。

<以下、プレスリリースより引用>

 

■半数以上が1年間でおもちゃ・知育玩具を処分。処分方法は「捨てた」が6割超

 0歳~満6歳までの子どもがいる20代~40代の男女に、2020年の1年間で処分したおもちゃや知育玩具の数について聞いたところ、「0個」とした回答は45%にとどまり、半数以上の回答者が1個以上のおもちゃを処分していました。処分方法(複数回答)は「捨てた(62%)」が最も多く、「ネットのフリマに出した(27%)」「知人・友人に譲った(25%)」「バザー・フリマに出した(24%)」を大きく上回りました。1人当たりの廃棄量は推計1.82個となりました。

 一方で、「トイサブ!」ユーザーに同内容を聞いたところ、「0個」と回答した人は67%とノンユーザーを22%も上回っています。1人当たりの廃棄数は推計で0.27個となり、ノンユーザーの推計値を1.54個下回りました。

 「トイサブ!」利用世帯数が現在9,500世帯にのぼることから、1人当たりの廃棄数×利用世帯数で廃棄削減量の総数を計算すると年間10トン以上(※1)の削減に貢献したと推測できます。

 また、日本全国のお子様がいる世帯でトイサブ!を利用した場合の年間のおもちゃ廃棄量削減量試算結果によると年間約4815.94トンのおもちゃ廃棄削減が可能と推測しております。(※3)これは、0歳~6歳未満の子供のいる世帯数4,221,000世帯(国立社会保障・人口問題研究所の人口統計資料集より)と、一年あたりの「トイサブ!」ユーザーのおもちゃ廃棄数と乗じて試算した結果による数値です。

 

■8割以上が1年間に新たにおもちゃ・知育玩具を購入、1人当たりの年間購入個数は推計4.2個

 0歳~満6歳までの子どもがいる20代~40代の男女に、2020年1月~12月の1年間に購入した新品のおもちゃや知育玩具の数を聞いたところ、「0個」の回答は16%にとどまり、84%の家庭で1個以上のおもちゃを購入していることが分かりました。1人当たりの年間購入数の推計は4.2個となりました。もらった数も、0個の回答は20%にとどまっています。この結果は、日本玩具協会が発表した2020年度の玩具市場規模が前年度比101.5%と好調であることに応じた結果となっており、コロナや少子化トレンドの中でも玩具需要が底堅く、今後も成長していく可能性が伺えます。

 

■6割以上が「おもちゃや知育玩具が増えて困った」経験。「家が散らかってしまう」、「置き場所や収納場所がない」が7割超

 おもちゃや知育玩具が増えすぎて困った経験の有無を聞いたところ、ノンユーザーのうち65%が「増えすぎて困った経験がある」と回答。具体的に困った内容として最も多かったのが「おもちゃで家が散らかってしまう(77%)」、続いて「家での置き場所や収納場所がない(74%)」がともに7割を超える結果となりました。「トイサブ!」ユーザーにもおもちゃや知育玩具が増えすぎて困った経験の有無を聞いたところ、「ある」の回答は49%。おもちゃや知育玩具が増えすぎる悩みがノンユーザーと比較して、15%以上低いことが分かりました。

 

■半数以上が「おもちゃや知育玩具の処分に困った」経験をしていると回答。最も多い理由が「処分するかどうか迷う(思い入れがあり、捨てづらい)(46%)」

 おもちゃや知育玩具の処分に困った経験の有無を聞いたところ、ノンユーザーのうち54%が「(処分に困った経験が)ある」と回答し、半数以上が処分に困った経験をしていることが分かりました。具体的に困ったことについて聞くと、「処分するかどうか迷う(思い入れがあり、捨てづらい)(46%)」、「おもちゃを譲りたくても譲る相手がいない(43%)」、「子どもがおもちゃを処分するのを嫌がる(39%)」といった回答が多く得られました。また、「トイサブ!」ユーザーにもおもちゃや知育玩具の処分に困った経験の有無を聞いたところ、42%が処分に困った経験が「ある」と回答。ノンユーザーと比較して、トイサブ!ユーザーでは困った経験があるとした回答が10%以上低いことも分かりました。

 

※1:京都市調査データを元にトラーナにて試算(試算方法:子供一人4.7kg × 0-12歳(1200万人)= 56,400トン)
※2:(ノンユーザーの廃棄したおもちゃの平均個数(1.82個)-トイサブユーザーの廃棄したおもちゃの平均個数(0.27個))×トイサブユーザー数(9,500世帯)×おもちゃ1個あたりの平均重量(0.739kg)
※3:(ノンユーザーの廃棄したおもちゃの平均個数(1.82個)-トイサブユーザーの廃棄したおもちゃの平均個数(0.27個))×0歳~6歳未満の子供のいる世帯(4,221,000世帯)×おもちゃの平均重量(0.739kg)

 

【参考グラフ】

 

▼アンケート概要
■調査対象:
①20~40代で1歳~満6歳の子どもがいる男女(ノンユーザー) 467世帯
②トイサブユーザーの0歳~満6歳の子どもがいる男女 2,211世帯
■調査期間:2021年7月21日~8月4日
■調査方法 :インターネットリサーチ
※本調査では小数点1位で四捨五入しているため、足し上げても合計数値が100%とならない場合はございます。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
PickUPs!編集部https://pickups.jp/membership-join/
ゲームビジネスの最新情報をお届けします。 読者会員に登録すると、無料ですべての記事をご覧いただけます。Twitter、Facebookのフォローもお忘れなく!

Related Articles

00:00:16

リズムゲーム『東方ダンマクカグラ』をゲームエイジ総研が調査。“東方Projectらしい音楽”を若年層が支持

・平均デイリーアクティブユーザー数は43.2万人 ・最も多いユーザーは10代男性で3割を占める など

21年8月の中国ゲームアプリ市場、LOLスピンオフ『チームファイト タクティクス』中国スマホ版が好発進

リリースからわずか6日間の収益で、8月の中国App Storeセールスランキングで11位にランクイン。
00:00:55

21年8月の世界ゲームアプリDLトップは『My Talking Angela 2』。ハイパーカジュアルゲームが減少傾向

2021年8月はApp StoreおよびGoogle Play全体で47億DLを記録し、前年同月比で約4%の減少値。

Stay Connected

Latest Articles