『イース6 オンライン』分析。求人サイトを通して“冒険者”を募集するなど一風変わったプロモーションが話題に

 スマートフォン向けアプリゲームの日々の運用とその効果を調査し、ゲーム関連企業へ様々データを提供するSp!cemart(スパイスマート)。世界各国のゲーム事業者に利用されている同社のサービス「LIVEOPSIS (ライブオプシス)」では、ランキング推移とゲーム内施策を一覧で閲覧できる「イベントカレンダー」やTwitterトレンド情報、毎月発行の調査レポートなどが提供されている。
 
 本稿では、2021年7月20日よりリリースされたスマートフォン向けゲームアプリ『イース6 オンライン ナピシュテムの匣』(以下、イース6 オンライン)の運用施策を分析し、紹介していく。

 

リリース直後に無料DLランキング1位を獲得

『イース6 オンライン ナピシュテムの匣』
リリース日:2021年7月20日
提供:Restar Games

 1987年にリリースされた第1作『イース』より、現在まで続く日本ファルコムのアクションRPGの「イース」シリーズ。その最新作である『イース6 オンライン ナピシュテムの匣』が、7月20日、スマートフォン向けMMORPGとしてリリースされた。

 開発は、中国に本社を持つRestar Gamesが担当。リリース日には、無料ダウンロードランキングでApp Store・Google Playストアにおいて1位を獲得。リリース後もプレイヤー数を伸ばしていき、8月1日にはダウンロード数が50万を突破するほどの人気ぶりを見せた。

 初代『イース』のリリースから30年もの歴史を持つ本シリーズではあるが、主人公がアドル・クリスティンからオリジナルキャラクター(プレイヤーのアバター)にバトンタッチされているほか、過去作についてもあまり言及されることがなく、シリーズ初心者だというプレイヤーも入りやすい作品となっている。

 一方で、歴代主人公のアドルがパートナー的な役割で登場するほか、キャラクターボイスが追加されるなど、シリーズファンも満足できる内容に仕上がっている。

 キャラクターたちが、現代風の可愛らしいデザインに一新されていることも、ポイントのひとつだろう。キャラの立ち絵には呼吸やまばたき、風になびく髪など細かいモーションが付いており、息づかいを感じさせてくれる。

 キャラクターの中には「友好度」が設定されている人物もあり、会話やプレゼントを贈ることで絆を深めることも可能。仲良くなったキャラとのデートイベントが用意されているなど、MMORPGでありながら、ギャルゲー、もしくは乙女ゲーチックな要素も備えているというわけだ。

▲選択肢によって、キャラクターとの会話内容が変化する。キャラについてはもちろん、世界観についてより理解を深めることができるシステムだ。

 プレイアブルキャラクターを選択する画面では、「戦士」「魔導士」「レンジャー」「アサシン」の4つのキャラクターが登場。キャラの見た目を変更することはできないが、物語の進行に合わせて、衣装や装飾品が解放されるように。

 つまりは、“ゲームのやりこみ度”をキャラの見た目に反映させる仕組みになっているのだ(レアリティの高い衣装は、後述するガチャによって入手できる)。MMORPGという多くのプレイヤーと関わることになる本作のこと、キャラの見た目にとことんまでこだわりたいというユーザーは多いだろう。

 戦闘パートでは、バーチャルパットを用いて攻撃やスキルを発動し、モンスターを撃破していく。モンスターによるスキルは、攻撃範囲が赤く表示され、ダッシュで攻撃をかわすといった、アクション要素も用意されている。戦闘はオートでも進行するため、RPGは好きだけどアクションは苦手という方や、ながらプレイを楽しみたい方も、安心して遊べる仕組みだ。

 また、ストーリーをざっくりと、バトルをメインで楽しみたいというプレイヤーのために、スキップや倍速機能も用意されている。あらゆるニーズに対応している印象で、遊びやすさ、手に取りやすさはかなりのものだ。

▲印象的なシーンではスチールが用意されていたりと、ストーリーを没入感たっぷりに楽しめる工夫がされている。

 

公式アンバサダーを一般募集するなど
一風変わったプロモーションが話題に

 それでは、本作の事前登録以前のキャンペーンや、リリース後の運用施策について紹介していこう。

【トピック】

2021年2月26日:公式Twitterアカウント開設
2021年3月5日先行体験版テスト募集開始
2021年4月23日:オープンβテスト開始
2021年4月30日:事前登録開始を記念したキャンペーンを開催(事前登録は5月1日から)
2021年5月14日:事前登録者数30万人突破
2021年6月4日:事前登録者数50万人突破
2021年6月27日:事前登録数70万人突破
2021年7月16日:事前登録数100万人突破
2021年7月20日:サービスを開始、App Store/Google Playの無料ダウンロードランキングで1位を獲得
2021年8月1日:50万ダウンロード突破

 公式Twitterアカウントは、リリースの約5か月前、2月26日から開設。3月5日には先行体験版テスト、4月23日にはオープンβテストが実施され、アンケート回答者にはエメラス(本作でガチャを行うためのアイテム)200個が配布された。

 4月30日より、公式Twitterアカウントをフォロー・リツイートしたユーザーに対して、iPad Air(第4世代)256GBが抽選で当たる事前登録開始キャンペーンが開始。その後、事前登録者数が30万、50万、70万、100万人を超えるごとに、Amazonギフト券1000円分がプレゼントされるキャンペーンが行われていた。

 リリース直前には、声優陣のインタビュー動画を公開するほか、秋葉原での屋外広告、渋谷大型ビジョン5面で動画放映、新宿駅のメトロプロムナードに大型広告を掲出するなど、宣伝に大きく力を入れている。

 その甲斐あってか、7月20日のサービスを開始日では、App Store・Google Play両ストアにて無料ダウンロードランキングで1位を獲得することに成功した。

 そのほか、公式Twitterでは登場キャラクターによるミニコーナー「ラーバの研究報告」や「ドギの戦闘指南」、「オルハのお告げ」などが設けられ、シリーズの世界観を大切にしながら、ストーリーや戦闘システムについての紹介が行われていた。投稿の中には動画が添付されている内容もあり、映像が気になり、ついつい再生ボタンを押してしまうような魅力があった。

 また、リリース前には一般ユーザーから『イース6オンライン』の公式アンバサダーを募集するといった、一風変わったプロモーションが行われていたことも、ここで付け加えておこう。

 公式アンバサダーは6月16日よりIndeedにて、本作の魅力を世界へ発信する「冒険家」と称して募集を開始。採用者数は4人に限られているにも関わらず、応募者総数は200人を突破する盛況ぶりを見せていた。

 8月1日から1ヵ月間、公式アンバサダーによるゲーム実況動画のYouTube配信や、SNS投稿などの活動を行うことが告知されている。数ある応募者の中から選ばれた4名の“冒険者”たちは、本作をどのように盛り上げてくれるのか、こちらも期待が高まるところだろう。

 

毎日のログインに“お得感”を感じさせるラインナップが光る

 本作の主なマネタイズは、エメラスの販売となっている。エメラスは武器や防具など装備品を強化する「ソウルカード」と、キャラクターのステータスを底上げする「英雄」を手に入れる際に、必要なアイテムだ。

 エメラスを購入した枚数に応じたおまけとして、数枚のエメラスがプレゼントされるほか、購入時と1か月間の間エメラスがプレゼントされる「月間カード」や、9680枚のエメラスがプレゼントされる「レベルアップファンド」など、お得なラインナップが用意されている。

【エメラスのラインナップ】

・エメラス66枚(エメラス60枚に加え、購入者に“おまけ”と称し6枚がプレゼント):120円
・エメラス330枚(エメラス300枚、おまけ30枚):610円
・エメラス748枚(エメラス680枚、おまけ68枚):1,220円
・エメラス1408枚(エメラス1280枚、おまけ128枚):2,440円
・エメラス2178枚(エメラス1980枚、おまけ198枚):3,680円
・エメラス3608枚(エメラス3280枚、おまけ328枚):6,100円
・エメラス5612枚(エメラス4880枚、おまけ732枚):9,000円

・お得月間カード(購入時300枚、1か月間毎日80枚のエメラスがプレゼント):610円
・プレミアム月間カード(購入時880枚、1か月間毎日300枚のエメラスがプレゼント):1,600円
・レベルアップファンド(キャラのレベル上昇に応じて、合計9680枚のエメラスがプレゼント ):1,600円

 ガチャは1回120枚、10回1200枚のエメラスで引くことが可能。「カード召喚」と「英雄召喚」の2種類に分かれており、「カード召喚」では、キャラクター衣装を0.05%の確率で、高レアリティのソウルカードを0.25%の確率で取得できるようになっている。

 キャラクター衣装には見た目を変えるだけでなく、ステータスの底上げを行うことができるため、低確率ながら、ぜひとも手に入れたいアイテムだ。衣装やソウルカード以外にも、確率によりアイテムや装備品の強化に使用するアイテムが出現する仕組みだ。

 「英雄召喚」の排出率は、最高レアリティであるSSSRキャラが0.1%、SRキャラが1.5%、HRキャラが0.92%、Rキャラが2.94%、Nキャラが2.94%。それ以外では、英雄のステータスを上昇させるアイテムが確率で手に入るようになっている。

 ちなみに、召喚(ガチャ)を行うためのコンテンツはキャラクターのレベルを34まで上げるまで解放されない。レベルを34まで上げるために必要なプレイ時間は、3~4時間程度。目的のキャラが当選するまでインストールとアンインストールを繰り返す、いわゆるリセットマラソンを行うには、骨が折れることだろう。

 リセマラについて運営は、公式Twitterにて「非推奨」な立場だと明言している。公式がリセマラについて言及するというのも、なかなかユニークなポイントだ。

 その他のマネタイズとして、エメラスとキャラクター衣装、ゲーム内通貨、アイテムの強化素材などがセットになったパッケージが、それぞれ980円~12,000円の価格で販売。

 さらには、120円で高レアリティのソウルカードと強力な装備品、強化アイテムなどがセットになった「初回チャージ」の販売が行われているほか、お得なタイムセールもランダムで開催。使用した累計金額に応じてアイテムがプレゼントされるといったシステムなど、課金に対するサポートも手厚い印象だ。

 アクション要素を含むモンスターとのバトルや、キャラクターの魅力を深堀りする「友好度」のシステムなど、「イース」シリーズが持つ魅力を存分に味わえる本作。

 リリース後もプレイヤー同士で領地を取り合う大型イベントや、難関ダンジョンの開放など、ユーザーを楽しませたいという姿勢をありありと見せてくれている。今後どのような施策が行われるのか、注目していきたい。

 

 

©Restar Games ©Nihon Falcom Corporation

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
Spicemarthttps://liveopsis.com/
モバイルゲームアプリを専門とする分析会社。モバイルゲーム内運用に関する調査・分析を行うリサーチ事業とコンサルティング事業を展開して、「LIVEOPSIS(ライブオプシス)」というサービス名称で各種ソリューションを提供。サービスに関するお問い合わせは info@spicemart.jp まで。

Related Articles

『プロジェクト・メイクオーバー』分析。パズルと着せ替えのサイクルや課金導線等は

【LIVEOPSIS分析記事】ライフが尽きるまでパズルに熱中して、回復までの間で貯めたコインを使用して着せ替えで遊ぶといったサイクルが生まれている。
00:02:12

数字で見る『ニーア リィンカーネーション』の現状

分析ツール「iGage」「LIVEOPSIS」を活用し『リィンカネ』のユーザー推移、休眠状況、プレイ時間、男女比、流出先などを調査。
00:00:43

“着せ替え・ファッション”をテーマにした施策が光る 『シャイニングニキ』分析

【LIVEOPSIS分析記事】美麗な3Dグラフィックを生かした新時代のファッションゲーム。独特のゲームジャンルだが、国内ユーザーからも人気を集める本作を分析。

Stay Connected

Latest Articles