『プロジェクト・メイクオーバー』分析。パズルと着せ替えのサイクルや課金導線等は

 スマートフォン向けアプリゲームの日々の運用とその効果を調査し、ゲーム関連企業へ様々データを提供するSp!cemart(スパイスマート)。世界各国のゲーム事業者に利用されている同社のサービス「LIVEOPSIS (ライブオプシス)」では、ランキング推移とゲーム内施策を一覧で閲覧できる「イベントカレンダー」やTwitterトレンド情報、毎月発行の調査レポートなどが提供されている。
 
 本稿では、「LIVEOPSIS」で確認できるアプリの中から、無料ランキングで上位に位置し続け、セールスランキングでも上昇傾向を見せる『Project Makeover(プロジェクト・メイクオーバー)』の運用施策を分析し、紹介する。

 

 

パズルと着せ替え…両パートの独立性が絶妙

『プロジェクト・メイクオーバー』
提供:Bubblegum Games LLC
リリース日:2020年11月15日

 『プロジェクト・メイクオーバー』は、マッチ3に着せ替え要素を盛り込んだパズルゲームアプリ。プレイヤーは、テレビ番組“Project Makeover”のディレクターとなり、クライアントを大変身させていくのが目的となる。

 ステージ(パズル)をクリアするごとに貰えるコインを用いて、クライアントの身なりやファッション、部屋の装飾に至るまでを変身させていく。シンプルな3マッチのパズルゲームはもちろん、本作はこれらの変身パート(着せ替え要素)がユーザーから支持されている。

▲髪型やメイク、服装を選んでオシャレな外見に“大改造”する。
▲ファッションだけでなく、部屋もクライアントに合わせてコーディネート。

 コーディネートする部位ごとに3種類のパターンから選択する方式のため、ファッションに疎いプレイヤーでも困ることなく進められる。髪型、メイク、服装などをプレイヤーの好みに合わせて自由に組み合わせられるので、遊ぶ人によって個性が出るのもポイント。

▲クライアントごとにテーマが提示されるため、“大改造”の際にどういった意識で臨めばよいかがわかるようになっている。

 また、着せ替え要素はクライアントだけでなくプレイヤー自身(ディレクター)にも用意されていて、部屋とアバターを設定できる。こちらはより自由度が高く、インターネットを介して他のプレイヤーに見せることも可能。他のプレイヤーとはフレンドになることもでき、パズルに挑戦する際に必要なハートを送り合うことができる。

▲アバターはゲーム中、性別も含めていつでも変更可能。

 クライアントとその部屋を着せ替えていくことで、本作のストーリーも進行していく。ゲーム内のテレビ番組“Project Makeover”を巡って繰り広げられる物語は、海外ドラマを見ている気分にさせてくれる。

 そして、メインコンテンツとされているパズルステージだが、新しい服やインテリアを用意する際に必要になる“コイン”を入手する手段として用意されている。

▲クライアントの着せ替えは“タスク”という形でこなしていくことになり、進めるにはコインが必要。
▲プレイヤーの分身となるアバターのアイテムをアンロックする際にはコインとは別の“キャッシュ”が必要になる。入手方法はコインとほとんど同じで、パズルステージをクリアするほか、クライアントの“大改造”を完了することで得られる。

 パズルステージでは稀に“ミステリーボックス”を獲得するチャンスが訪れ、クリアすると大改造の際やアバターのカスタマイズに使用できるアイテムがゲットできる。

 レアリティが高いアイテムが出現することもあるのだが、ミステリーボックスはステージクリアに失敗すると消えてしまう仕様。そのため、ブーストアイテムやコンテニュー用のジェム(有償石)を使うことを促すシステムとして機能している。

▲ステージクリアに失敗した場合、プレイを続けるにはジェムが必要になる。
▲1回でクリアしないとミステリーボックスは消えてしまう。

 体感では2~3時間ほどプレイしたあたりから徐々にパズルステージの難易度が上昇し、初見クリアが難しくなってきた。通常であれば試行回数を増やしてステージを突破しようと考えるが、ミステリーボックスの存在があることで「絶対にクリアしたい!」という心理になり、ブーストアイテムやコンテニューの使用ハードルが低くなった。

 また、ストーリーパートとパズルパートがある程度独立しているのが絶妙で、ライフ(スタミナ)が尽きるまでパズルに熱中して、回復までの間で貯めたコインを使用して着せ替えで遊ぶ、といったサイクルがゲーム内で完成している。

 クライアント一人分のタスクを完遂すると30分ライフが無制限になる仕組みもあり、かなり熱中度は高いと言える。

▲クライアントの大改造に勤しんだら、またパズルステージに……というループ性がある。

 

ステージクリア目的の課金を促すも、基本は少額課金か

 そんな本作のマネタイズだが、パズルステージのクリアを目的としたプレイヤーの“ジェム”への課金が主となっている。

 先述のミステリーボックスの存在はもちろん、目に見えて上昇していくステージ難易度はかなり厳しめに調整されている印象を受ける。ブーストアイテムやコンテニュー、ライフの回復にはジェムが必要となるため、円滑に進める(あるいはプレイし続ける)ために課金すると見られる。

 コンテニューにはジェム300個、ライフ補充にはジェム200個が必要となる。

【ジェムのラインナップ】
・500個(250円)<単価:0.5円/割引率0.0%>
・1500個(610円)<単価:約0.41円/割引率18.0%>
・3300個(1,220円)<単価:約0.37円/割引率26.0%>
・6700個(2,440円)<単価:約0.36円/割引率28.0%>
・17000個(6,100円)<単価:約約0.36円/割引率28.0%>
・35000個(12,000円)<単価:約0.34円/割引率32.0%>

 おそらく、ガチャで大量使用を想定するアプリとは違い、必要に応じて少しずつジェムを使用するパターンが多い。そのため、主にジェム500個(250円)、ジェム1500個(610円)といった少量課金が行われていると思われる。

 また、時節に合わせたセールも実施。ジェムとブーストアイテムがセットになったお得なパッケージを販売している。調査時点では「母の日セール!」が開催され、両パッケージが共にステージを攻略したいプレイヤーに訴求した。

▲ジェム1500個(610円)のパッケージには、ファッションアイテムのジャケット「プリティ・イン・ピンク」が付属。
▲そのほか、突発なセールが行われることも。

 全体的に少額課金が主になっているため、プレイヤーの母数をひたすら増やす方向のマーケティング方針が取られているようだ。

 具体的には、実際のゲーム内容からかけ離れた広告クリエイティブによって多くのユーザーの関心を引く手法で、本作の広告には「不快」「不潔」といった悪印象を抱くユーザーが少なくないと見られる。実際のゲーム内容の面白さが誤解される可能性があるのは、先例である『ガーデンスケイプ』といったアプリと同じ状況といえる。

 実際に無料ダウンロードランキング上位に位置し、かつセールスランキングも好調なことからマーケティングの効果が出ていることは確かだが、ブランディングの観点からは得策でないことは自明だろう。

 

インフルエンサーの動画投稿も追い風か

 参考程度にだが、件の広告は非常にインパクトの強いクリエイティブ(ポジティブに捉えれば)であることから話題性が高く、インフルエンサーが拡散する動きもみられる。動画投稿サイト等で取り上げられた実際のゲーム内容を見て興味を持ったユーザーが流入するといったルートは一定数あると思われる。

 昨今のマッチ3パズルアプリは、おなじみの親しみやすいパズルパートに加えて独自の要素を組み込んだゲームがヒットしている。『プロジェクト・メイクオーバー』もその例に漏れず、海外ドラマのような展開と、独自の着せ替え要素を盛り込むことで本作ならではの楽しみを提供している。

 ただ、広告はイメージ映像と捉えられる範囲で運用してほしいところ。実際のゲーム内容と混同されてしまう表現は避け、せめてネガティブイメージを持たれにくいものにしてほしい。

 本作でドラマを展開するキャラクターたちは皆個性的で魅力をもっているので、広告クリエイティブによって全体のイメージが損なわれるのは作品とってもメリットにつながらないし、いちゲームファンとしても悲しいことではないだろうか。

▲ゲーム内では、大変身を遂げたキャラクターからお礼の手紙が届く。
 広告からは想像が付かないが、そうした暖かみのあるゲームなのだ。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
Spicemarthttps://liveopsis.com/
モバイルゲームアプリを専門とする分析会社。モバイルゲーム内運用に関する調査・分析を行うリサーチ事業とコンサルティング事業を展開して、「LIVEOPSIS(ライブオプシス)」というサービス名称で各種ソリューションを提供。サービスに関するお問い合わせは info@spicemart.jp まで。

Related Articles

00:01:38

『イース6 オンライン』分析。求人サイトを通して“冒険者”を募集するなど一風変わったプロモーションが話題に

【LIVEOPSIS分析記事】リリース直後に、無料DLランキングで両アプリストアで1位を獲得。8月1日にはDL数50万を突破し、注目を集めた。
00:02:12

数字で見る『ニーア リィンカーネーション』の現状

分析ツール「iGage」「LIVEOPSIS」を活用し『リィンカネ』のユーザー推移、休眠状況、プレイ時間、男女比、流出先などを調査。
00:00:43

“着せ替え・ファッション”をテーマにした施策が光る 『シャイニングニキ』分析

【LIVEOPSIS分析記事】美麗な3Dグラフィックを生かした新時代のファッションゲーム。独特のゲームジャンルだが、国内ユーザーからも人気を集める本作を分析。

Stay Connected

Latest Articles