新作テーマパークSLG『Park Beyond』発表。現実を覆す乗り物の数々を建設・運営

 バンダイナムコエンターテインメントは、ドイツに拠点を置くスタジオ・Limbic Entertainmentが開発した新しい試みのテーマパークシミュレーションゲーム『Park Beyond(パークビヨンド)』を、PlayStation5/Xbox Series X|S/STEAM向けに2022年に発売することを発表した。また、ゲームの全貌が伺える初の告知トレーラーも公開。

 本作では、ユニークかつ想像を超える画期的なテーマパークを建設し、運営できるシミュレーションゲーム。現実ではあり得ない、不可能な乗り物が作れる現代的なテーマパークゲームでありながら、奥深いマネジメント性でまったく新しい体験ができるという。

▲テクノロジーや費用、重力に縛られることなく、夢のテーマパークを作れる

 ストーリーモードでは、プレイヤーの事業を妨害する敵や成功へと導く味方など、多彩なキャラクターとの出会いもあれば、パークマネジメントの仕組みを学ぶために会議やプレゼンなどに参加することもできる。

 情熱的なテーマパークの創業者・フィルと、厳しくもフレンドリーなエグゼクティブ・イジーのサポートを受けながら経験を積み、楽しさと収益性のバランスを取りながら、ビジネスを成功させていくのがプレイヤーの目的。

フィル
イジ―

 

■開発会社Limbic EntertainmentのCEO・Stephan Winter氏のコメント

 本日、BANDAI NAMCO Entertainmentと共に『パークビヨンド』を発表できることを大変嬉しく思います。本作は、奥深い経営マネージメント的な側面と、紆余曲折のストーリー性、プレイヤーの創造性、そして我々独自のアイデアである “無限性 ”を融合させ、深みのある楽しいゲームをお届けすることを目的としています。

 現実を覆すような乗り物やジェットコースターをデザインして、作成、建設していくことは、やりがいのある心躍る体験であり、ファンの皆様がぜひご自分で試してみることを非常に楽しみにしています!

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
PickUPs!編集部https://pickups.jp/membership-join/
ゲームビジネスの最新情報をお届けします。 読者会員に登録すると、無料ですべての記事をご覧いただけます。Twitter、Facebookのフォローもお忘れなく!

Related Articles

コロナ禍の影響でゲーマーの食の意識や行動はどのように変化したのか。ゲームエイジ総研が調査結果を発表

調査によると、ゲーマーの1/3が食に対する考え方が変化があったという。特に20~30代の行動に変化が生じており、間食が増える傾向にあることが分かった

USJに「ドンキーコング」がテーマの新エリア誕生。2024年に開業予定

新エリアには、「ドンキーコング」たちが登場するコースター型のライド・アトラクションも予定。
00:00:30

VR版『バイオハザード4』が10月21日に発売決定。チェーンソー男が眼前まで迫る恐怖のトレイラー映像が公開に

Oculus Quest 2版となる本作には、アイテムを手に取ったり、武器を自由に取り出せるようになっていたりと、ゲームへの没入感を高める様々な試みが詰め込まれている

Stay Connected

Latest Articles