XR技術を活用した「レーザーミニ四駆」最先端デジタルコースをプレースホルダが開発

 プレースホルダは、新世代のミニ四駆シリーズ「レーザーミニ四駆」の拡張コンテンツとして、XR技術(現実世界と仮想世界を融合する技術の総称)を活用した最先端デジタルコース「MINI4WD LASER CIRCUIT」の開発を発表した。

 コロコロコミックの公式YouTubeチャンネル「コロコロチャンネル」にて公開されたプロトタイプ版では、プロジェクションマッピングやセンシング(センサー)の技術により、ミニ四駆の軌跡がカラフルな光となってコース上に出現。

 走行タイムがコースの中央に浮かび上がるなど、マンガやアニメの世界を現実に再現したかのようなデジタル演出が施されており、未来感たっぷりな映像となっている。

 レーザーミニ四駆は、小学館の漫画誌「コロコロコミック」とプラモデルメーカー「タミヤ」が展開中の新世代のミニ四駆シリーズ。そのオリジナルは、コロコロコミックにて連載中の『MINI 4 KING』(原案:武井宏之さん 漫画:今田ユウキさん)に登場するマシンであり、スピード感たっぷりなメタリック調の造形を特徴としている。

 そんなレーザーミニ四駆の拡張コンテンツである「MINI4WD LASER CIRCUIT」は、今後、さらにデジタル演出を追加した完成版としてユーザーが体験できるよう、開発が進められる予定だ。

会社概要

プレースホルダ
代表者:代表取締役CEO 後藤 貴史
住所:東京都品川区西五反田七丁目22番17号 TOCビル4階
設立:2016年9月
事業内容:テーマパーク事業、エクスペリエンスデザイン事業
URL:https://placeholder.co.jp

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
島中 一郎(Ichiro Shimanaka)https://www.foriio.com/16shimanaka
ライター。ゲーム・アニメ業界を中心にニュース記事の執筆、インタビュー、セミナー取材などマルチに担当。ボードゲームが趣味であり、作品のレビューや体験会のレポートを手掛けるほか、私生活で会を催すことも。無類のホラー好き。

Related Articles

ZAUNTEDがアメリカでのお化け屋敷事業展開に契約。ティザービジュアル&ムービーが公開に

日本人による通年型常設お化け屋敷プロデュースは、アメリカでの初事例になるとのこと。ZAUNTEDは過去に『赤ちゃんプレイお化け屋敷バブリミ』を公開し話題を呼んだ
00:01:47

実写版『カウボーイ・ビバップ』OP動画が公開。「Tank!」のBGMと共に主要キャラ達が登場する疾走感溢れる映像に

原作アニメシリーズの監督の渡辺信一郎氏がアドバイザーとして参加。原作の作曲を担当した菅野よう子さんがBGMを手掛ける
00:01:01

『ソードアート・オンライン』リアル脱出ゲーム限定オリジナルグッズ9種が発売&ボイスドラマが配布決定

描き下ろしイラストを使用したステッカーなど、イベント参加記念に最適なオリジナルグッズが登場。ボイスドラマはキリトとアスナの掛け合いが楽しめる内容となっている

Stay Connected

Latest Articles