『ICO』発売20周年を記念して公式SNSアカウントで画像、イラスト、設定資料を投稿開始

 ゲームクリエイター上田文人氏を擁するgenDESIGN(ジェン・デザイン)は、『ICO』発売20周年を記念して、公式Twitterおよび公式Instagramアカウントで数々の画像、イラスト、設定資料などの順次投稿を開始した。

 『ICO』は2001年12月6日にPS2用ソフトとしてソニー・コンピューターエンタテインメント(現:ソニー・インタラクティブエンタテインメント)により開発、発売されたアクション・アドベンチャーゲーム。「単なるビデオゲームではないものを作る」という発想から生まれた『ICO』は、日本国内外で高い評価を受けており、Game of the Yearを始めとして様々な賞を受賞した。

 genDESIGN公式Twitterおよび公式Instagramアカウントでは、『ICO』の制作に使われた数々のラフ画像などを不定期に投稿予定。

【関連リンク】
公式Twitter: @genDESIGN_Inc
公式Instagram:gendesign_inc

     

『ICO』あらすじ

信じられるのは、互いの手の温もりと、かすかな息づかいだけ……
この人の手を離さない。僕の魂ごと離してしまう気がするから。

 

角の生えた少年イコは、謎の古城に生贄として閉じ込められてしまいます。古城で出会ったのは、言葉の通じない少女ヨルダ。イコは少女ヨルダを守りつつ、古城から脱出しようとするところから物語は始まります。少女の手を取って、薄暗い回廊や光の射す中庭など幻想的な風景を抜け、様々な謎やトラップを解き明かし、出口を目指していきます。

リリースより

     

作品概要

タイトル:ICO
発売日:2001年12月6日(日本版)
ジャンル:アクション・アドベンチャー
対応機種:PlayStation 2

©2001-2011 Sony Computer Entertainment Inc.

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

Related Articles

コロナ禍の影響でゲーマーの食の意識や行動はどのように変化したのか。ゲームエイジ総研が調査結果を発表

調査によると、ゲーマーの1/3が食に対する考え方が変化があったという。特に20~30代の行動に変化が生じており、間食が増える傾向にあることが分かった

USJに「ドンキーコング」がテーマの新エリア誕生。2024年に開業予定

新エリアには、「ドンキーコング」たちが登場するコースター型のライド・アトラクションも予定。
00:00:30

VR版『バイオハザード4』が10月21日に発売決定。チェーンソー男が眼前まで迫る恐怖のトレイラー映像が公開に

Oculus Quest 2版となる本作には、アイテムを手に取ったり、武器を自由に取り出せるようになっていたりと、ゲームへの没入感を高める様々な試みが詰め込まれている

Stay Connected

Latest Articles