『釣りスピリッツ』ゲーム内に登場する魚が自宅に届くキャンペーンが開始、実施背景には環境問題や漁業など社会課題が関係

 バンダイナムコアミューズメントは、魚釣り体験ゲーム『釣りスピリッツ』について、ゲーム内に登場する魚が日本国内の離島から自宅に届く「釣りスピリッツ ぱくぱくキャンペーン」を、9月6日(月)~10月31日(日)に実施することを発表した。

 本キャンペーンは、『釣りスピリッツ』で釣り上げることのできる魚のうち、アカヤガラ、クエ、アンコウ、アカハタの4種から食べたい魚を、バンダイナムコアミューズメントの公式Twitter上で選んで投稿したユーザーの中から、抽選で100名の自宅宛に、鮮魚を詰め合わせたセットが届けられるというもの。

 キャンペーン開始日の9月6日には、人気Youtuberのカジサックさんとのコラボ動画が公開され、9月8日現在には38万再生を達成するなど、話題を集めている。

 全国のアミューズメント施設「namco」(『釣りスピリッツ』設置店舗が対象)では、Twitterキャンペーンの参加者を対象にしたプレゼントキャンペーンが、9月7日(火)より実施されている。キャンペーンの内容は、先着10,000名に、環境に配慮したアルミ製魚型クリップ「HOSSY(ホッシー)」の釣りスピカラーver.がプレゼントされるとのことだ。

 また、鮮魚店sakana bacca(サカナ バッカ)中目黒・豪徳寺の2店舗と、生鮮品宅配サービス「うおポチ宅配便(ウオタク)」では、コラボフェアが開催される。『釣りスピリッツ』に登場する魚をはじめとしたさまざまな離島の魚が販売されるそうだ。

 今回のキャンペーン実施の背景には、『釣りスピリッツ』の初代プロデューサー・小山順一朗氏をはじめとした開発チームの海の環境問題や漁業、離島の社会課題に対する思いがあるとのこと。小山氏はキャンペーンに対し「『釣りスピリッツ』を通じて子どもたちの好奇心を善導し社会課題解決の一助になりたい。そんな想いの詰まったキャンペーンです」と、メッセージを寄せている。

▲ 小山順一朗氏

 本作のメインユーザーである子どもたちが、キャンペーンを通じて未利用魚の廃棄や、漁業生産量の減少などの課題に気づき、また興味関心を持つきっかけになることで、離島及び漁業関係者を応援する狙いがあったそうだ。

キャンペーン情報詳細:https://bandainamco-am.co.jp/am/mg/spirits/tsurisupi-pakupaku/
ゲームセンター「釣りスピリッツ」公式Webサイト:https://bandainamco-am.co.jp/am/mg/spirits/
「sakana bacca」Webサイト:https://sakanabacca.jp/
「うおポチ宅配便(ウオタク)」Webサイト:https://delivery.uopochi.jp/

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
島中 一郎(Ichiro Shimanaka)https://www.foriio.com/16shimanaka
ライター。ゲーム・アニメ業界を中心にニュース記事の執筆、インタビュー、セミナー取材などマルチに担当。ボードゲームが趣味であり、作品のレビューや体験会のレポートを手掛けるほか、私生活で会を催すことも。無類のホラー好き。

Related Articles

00:02:07
00:01:04

『刀剣乱舞無双』が2022年2月17日に発売決定

本作の最新情報について、本日9月24日20時から配信される「刀剣乱舞無双通信」で紹介予定。
00:01:33

ヨコオタロウ氏新作『Voice of Cards ドラゴンの島』10/28発売 体験版も配信開始

ヨコオタロウ氏、齊藤陽介氏、岡部啓一氏、藤坂公彦氏といった「ドラッグ オン ドラグーン」シリーズ や「ニーア」シリーズで知られる面々が作品を手掛ける。

Stay Connected

Latest Articles