『サクナヒメ』後日談を描いた小説『天穂のサクナヒメ ココロワ稲作日誌』が10月4日発売決定、ココロワヒメが不慣れな稲作に挑戦する

 集英社は、『天穂のサクナヒメ』本編の後日談を描く小説『天穂のサクナヒメ ココロワ稲作日誌』を、10月4日に発売すると発表した。イラストを村山竜大氏が、小説を安藤敬而氏が担当。表紙には、鍬と桶を両手に持ち、きりりとした表情で農作業に向かうココロワヒメのイラストが描かれている。

 原作の『天穂のサクナヒメ』は、2020年11月12日に発売されたアクションRPG。本格的な稲作要素が話題を呼び、インディーズタイトルでありながら、世界累計販売本数が100万本を突破するほどの人気作となった。

 小説『天穂のサクナヒメ ココロワ稲作日誌』は10月4日に発売予定。原作『天穂のサクナヒメ』 は9月15日までSwitch/PS4のダウンロード版が30%オフの3486円(税込)で販売されるセールが実施されている。原作ゲームが未プレイという方は、あわせてチェックしてみてはいかがだろうか。

『天穂のサクナヒメ ココロワ稲作日誌』製品ページ:https://j-books.shueisha.co.jp/books/tensuinosakunahime.html

『天穂のサクナヒメ』製品ページ(Nintendo Switch版):https://store-jp.nintendo.com/list/software/70010000029215.html

『天穂のサクナヒメ』製品ページ(PlayStation4版):https://store.playstation.com/ja-jp/category/01c13864-6641-4863-93b2-b3a323618d3e/1

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
島中 一郎(Ichiro Shimanaka)https://www.foriio.com/16shimanaka
ライター。ゲーム・アニメ業界を中心にニュース記事の執筆、インタビュー、セミナー取材などマルチに担当。ボードゲームが趣味であり、作品のレビューや体験会のレポートを手掛けるほか、私生活で会を催すことも。無類のホラー好き。

Related Articles

『アイマス』総合プロデューサー・坂上陽三氏のビジネス書『主人公思考』が10月28日(木)発売

“ガミP”の愛称で知られる坂上氏の仕事術についてまとめたビジネス書。Amazon本総合ランキングにランクインするなど注目を集めている。現在、書籍の発売を記念した特別番組が配信中

書籍『APEX LEGENDS パスファインダーズ・クエスト』8/18発売

『APEX LEGENDS』のレジェンドのひとり、 パスファインダーをメインに据えた公式ビジュアルブック。

『すみっコぐらしといっしょ なんでもものしり図鑑』が発売

本商品は、すみっコたちと一緒に、動物、植物、食べもの、宇宙など、身のまわりにある「ふしぎ」について、Q&Aの形で楽しく学べる一冊になっている。

Stay Connected

Latest Articles