オルトプラスとNHNテコラスがゲーム運営支援で業務提携、ゲーム運営コストを最適化するサービスの提供を開始

 オルトプラスとNHNテコラスは、2021年9月より、スマートフォンゲームの開発コストや運用コストを圧縮することを目的としたゲーム運営支援サービス「ゲーム運営コスト最適化サービス」を共同で提供することを発表した。

 本サービスは、オルトプラスが保有するゲームの運営ノウハウ、ニアショア/オフショアを活用したローコスト運用体制の構築による人件費の削減と、NHNテコラスが提供するアマゾンウェブサービス(以下、AWS)を活用したサーバ費用の最適化サービスや、NHNグループが保有するゲーム運営において必要となる各種運営ツールのmBaas(mobile backend as a Service)提供によるインフラコストの削減をパッケージ化することで実現したという。

 提供開始に先立ち、本サービスを試験的にオルトプラスが保有するスマートフォンゲームに適用したところ、複数のゲームでコスト削減に成功。25人月体制の運営ゲームを大きな減衰がなく、平均12.5人月体制にスリム化し、さらにサーバの見直しを行なったことで、適用前と比較し平均66%のコスト削減を実現できたそうだ。

 検証結果から、本サービスは、運営スタッフの数が多く高コストの運営体制となっているゲームや、サーバの構成が肥大化してしまったゲーム、長期運営により収支バランスが悪化したゲームには、特に高い効果を発揮できるとしている。

 なお、本サービスに加え、オルトプラスとNHNテコラスがこれまでに培ったノウハウと資産により、新規ゲームの開発から運営まで、幅広いフェーズで必要な支援を提供する「開発運営サービス」、ゲームタイトル/ゲーム運営権を買い取り、運営を継続する「セカンダリー/運営移管サービス」も、同時に提供が開始されるとのことだ。

サービスラインアップ

●ゲーム運営コスト最適化サービス
 現行環境の費用削減ポテンシャルを調査するアセスメントサービスから、稼働中タイトルのAWSへのマイグレーション、移行後の最適化等、ゲームサーバに関する課題の個別解決から運用そのものの代行まで、幅広い支援が行われる。

 NHNグループが保有するスマートフォンゲームの運営に必要な、ログイン/認証、課金/決済、指標/統計分析、セキュリティ、メンテナンス機構等のバックエンド機能をクラウド上から提供する mBaaS(mobile backend as a Service)「Gamebase」の提供など、ゲーム運営会社におけるITインフラコストに関する課題を解決する。

●開発運営サービス
 新規スマートフォンゲームの開発から運営まで、幅広いフェーズで必要な支援を提供。ゲームの共同運営によるコスト削減、受託モデルでの開発/運営支援、オフショアやニアショアを活用したコスト削減、サーバ環境のAWSへのマイグレーションや構成の見直し等によって削減したコストを原資とした、各種支援メニューの提案が行われる。

●セカンダリー/運営移管サービス
 オルトプラスがゲームタイトル/運営権を買い取り、運営を継続するサービス。パブリッシングの変更課題など、様々なケースに対して柔軟な対応が可能。

「オルトプラス」HP:http://www.altplus.co.jp/
「NHNテコラス」HP:https://nhn-techorus.com/

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
島中 一郎(Ichiro Shimanaka)https://www.foriio.com/16shimanaka
ライター。ゲーム・アニメ業界を中心にニュース記事の執筆、インタビュー、セミナー取材などマルチに担当。ボードゲームが趣味であり、作品のレビューや体験会のレポートを手掛けるほか、私生活で会を催すことも。無類のホラー好き。

Related Articles

00:02:07
00:01:04

『刀剣乱舞無双』が2022年2月17日に発売決定

本作の最新情報について、本日9月24日20時から配信される「刀剣乱舞無双通信」で紹介予定。
00:01:33

ヨコオタロウ氏新作『Voice of Cards ドラゴンの島』10/28発売 体験版も配信開始

ヨコオタロウ氏、齊藤陽介氏、岡部啓一氏、藤坂公彦氏といった「ドラッグ オン ドラグーン」シリーズ や「ニーア」シリーズで知られる面々が作品を手掛ける。

Stay Connected

Latest Articles