『二ノ国:Cross Worlds』PCエミュレータのサービスを開始、ニノクロの冒険を大画面で楽しめるように

 ネットマーブルは、配信中のスマートフォン向けMMORPG『二ノ国:Cross Worlds』(以下、ニノクロ)について、Windows PCでの操作が可能となる「PCエミュレータβサービス」の提供を開始したことを発表した。「PCエミュレータ」をWindows PCにインストールし、『ニノクロ』のメールアカウントと連動するだけで、スマートフォンとのクロスプレイが楽しめるようになる。

 『ニノクロ』は、企画・制作「レベルファイブ」、アニメーション作画「スタジオジブリ」、作曲家・久石譲氏の豪華スタッフにより誕生したファンタジーRPG『二ノ国』をベースに、ネットマーブルがモバイルプラットフォーム用に開発した「二ノ国」シリーズの最新作。

 今回のPCエミュレータのサービスの開始により、大画面モニターの高い視認性でのプレイが可能となるのはもちろん、キーボードとマウスによる細かな操作が行えるようになる。また、長時間のプレイになりがちなMMORPGなだけに、端末のスペックやバッテリー、空き容量などを気にせずプレイできるようになるのは、嬉しいポイントだろう。

 現在はβバージョンでのサービス提供となっているが、今後も継続的に機能追加や改善が行われるとのことだ。

『二ノ国:Cross Worlds』PCエミュレータβサービス紹介ページ:https://2worlds.netmarble.com/ja/pcplay

PCエミュレータβサービスFAQ:https://forum.netmarble.com/enn_jp/view/38/5971

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
島中 一郎(Ichiro Shimanaka)https://www.foriio.com/16shimanaka
ライター。ゲーム・アニメ業界を中心にニュース記事の執筆、インタビュー、セミナー取材などマルチに担当。ボードゲームが趣味であり、作品のレビューや体験会のレポートを手掛けるほか、私生活で会を催すことも。無類のホラー好き。

Related Articles

コロナ禍の影響でゲーマーの食の意識や行動はどのように変化したのか。ゲームエイジ総研が調査結果を発表

調査によると、ゲーマーの1/3が食に対する考え方が変化があったという。特に20~30代の行動に変化が生じており、間食が増える傾向にあることが分かった

USJに「ドンキーコング」がテーマの新エリア誕生。2024年に開業予定

新エリアには、「ドンキーコング」たちが登場するコースター型のライド・アトラクションも予定。
00:00:30

VR版『バイオハザード4』が10月21日に発売決定。チェーンソー男が眼前まで迫る恐怖のトレイラー映像が公開に

Oculus Quest 2版となる本作には、アイテムを手に取ったり、武器を自由に取り出せるようになっていたりと、ゲームへの没入感を高める様々な試みが詰め込まれている

Stay Connected

Latest Articles