東京eスポーツゲート、2022年4月に東京タワーにてグランドオープンする施設名称を「RED° TOKYO TOWER」に決定

 東京eスポーツゲートは、東京タワーを拠点にesports事業を展開する施設の名称を「RED° TOKYO TOWER(レッド トーキョータワー)」に決定した。施設のプレオープンは2022年2月を、グランドオープンは2022年4月を予定している。

 「RED° TOKYO TOWER」は、コアなesportsファン層をはじめ、最新トレンドに敏感な10代後半~30代前半の男女をメインターゲットとし、esportsを主軸としたキラーコンテンツを展開する施設。

 5階のメインアリーナ「RED° TOKYO TOWER SKY STADIUM」では、大型4面LEDパネルとリアルタイムで合成できるXR映像システム「Vizrt(リアルタイム3Dグラフィックスシステム)」を常設した、リアルイベントとXR映像配信を行う日本初ハイブリッド型アリーナを開設予定。

 東京タワーの上空にある“天空スタジアム”をイメージしており、会場ではesportsをはじめ、音楽ライブ、ファッションショーなど、さまざまなライブエンターテインメントを展開する予定とのことだ。

 esportsにおいては、従来のゲーム画面と選手映像の発信だけではなく、XRによる自由な空間レイアウトのもとライブ配信を視聴しているファンの映像を空間上に投影するなど、没入感かつ迫力のある配信を実現。ライブエンターテインメントでも最先端のXR映像システムを導入することにより、海外のesportsイベントに負けないかつてないインパクトの体験提供を可能としている。

 リアル会場は、XRを駆使した映像をリアルタイムで視聴できると同時に、会場内に張り巡らされたLEDやライブ照明、最新の音響設備が連動する仕様。こういった仕掛けにより、リアルとバーチャルの融合による臨場感のある体験を目指すとのことだ。

RED°公式サイト:https://red-esports.jp/

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
島中 一郎(Ichiro Shimanaka)https://www.foriio.com/16shimanaka
ライター。ゲーム・アニメ業界を中心にニュース記事の執筆、インタビュー、セミナー取材などマルチに担当。ボードゲームが趣味であり、作品のレビューや体験会のレポートを手掛けるほか、私生活で会を催すことも。無類のホラー好き。

Related Articles

00:02:07
00:01:04

『刀剣乱舞無双』が2022年2月17日に発売決定

本作の最新情報について、本日9月24日20時から配信される「刀剣乱舞無双通信」で紹介予定。
00:01:33

ヨコオタロウ氏新作『Voice of Cards ドラゴンの島』10/28発売 体験版も配信開始

ヨコオタロウ氏、齊藤陽介氏、岡部啓一氏、藤坂公彦氏といった「ドラッグ オン ドラグーン」シリーズ や「ニーア」シリーズで知られる面々が作品を手掛ける。

Stay Connected

Latest Articles